客室一例

2019年4月4日、東京・銀座に開業する日本初となる無印良品ホテル「MUJI HOTEL GINZA」。3月20日から公式ウェブサイトにて宿泊予約を開始します。

無印良品の商品がすぐに買いにいける

客室は7F〜10Fに全79室があり、窓に向かってすっと伸びる細長いレイアウトが特徴です。広さ・ベッドタイプ・デザインが異なる9タイプがあります。客室の備品の一部は無印良品の商品が使われています。

価格は最も小さいセミダブルタイプの部屋(14〜15平方メートル)で1万4900円、最も大きいツインタイプの部屋(52平方メートル)で5万5900円(税・サ込)です。

同ホテルの価格は平日や祝日、ハイシーズンやオフシーズンによって変動することはありません。GW、お盆、年末年始などの繁忙期は料金が高騰するホテルもあるので、一律価格はうれしいですよね。

6Fはフロント、レストラン、デザインをテーマにした展示やイベントを行う「ATELIER MUJI GINZA」があります。1F〜5Fまでは同日にオープンする世界旗艦店「無印良品 銀座」になっているので、買い物も楽しめます。

夕食一例

また、B1Fには「MUJI Diner」があり、朝食・昼食・夕食を楽しめます。7時30分〜11時の朝食は「おにぎりセット」(500円)、「トーストセット」(500円)、11時〜15時の昼食は「焼き魚定食」(800円)、「から揚げ定食」(800円)、「サラダバー」(500円)、17時〜22時の夕食は「早川漁港の魚の煮付け」(1400円)、「宮崎ハーブ牛のサーロインステーキ」(すべて税込2500円)などがあります。いずれもラストオーダーは30分前です。

昼食一例

詳細・予約は公式サイトへ。