18日午前10時38分ごろ、韓国の地対空誘導弾「天弓」が誤作動により発射され、上空で爆発した。これについて、韓国・KBSは「老朽ミサイルでなく新型ミサイルが不時発射されたとの点で深刻な問題になりうるため、詳しい調査が必要」と指摘した。写真は韓国軍。

写真拡大

2019年3月18日午前10時38分ごろ、「韓国型パトリオット」と呼ばれる地対空誘導弾「天弓」が誤作動により発射され、基地の上空で爆発した。これについて、韓国・KBSは「老朽ミサイルでなく新型ミサイルが不時発射されたとの点で深刻な問題になりうるため、詳しい調査が必要」と指摘した。

記事によると、韓国では1998年、誤って発射されたミサイルが仁川(インチョン)の上空で爆発し、多数の破片が民家に落下。負傷者や窓ガラスが割れる被害が続出し、混乱が広がった。当時のミサイルは65年に米国から導入し、30年以上使われていた老朽機種だったという。

一方「天弓」は、2015年に実戦配備された新型で、システム開発だけで4000億ウォン(約390億円)以上が投入された。今回事故が起きたミサイルは16年末に配備されたもので、運用期間は3年にも満たない状態だったという。

記事は天弓について「攻撃目標をレーダーがとらえた後、その信号を射撃統制装置が分析して発射台に伝達し、ミサイルが発射されるが、その過程で二重三重に安全装置が働く」と説明し、「それにもかかわらずミサイルが不時発射されたとの点から、整備上の単純なミスとみるのは難しく、システム全体の詳しい分析が必要だ」と指摘。さらに「整備中にコマンドを間違えて入力した可能性もあるが、正常の訓練命令をシステムが実際の状況と誤認した可能性もある」と説明している。

これについて韓国のネットユーザーからは「大統領が北朝鮮の方ばかり見ているから」「軍の訓練量を減らすからこんなことになる。米軍がいなければ速攻で北朝鮮に負けるだろう」「このままでは敵ではなく国民を攻撃する軍隊になる」など不安の声が相次いでいる。

その他「国にお金がないわけではない。泥棒が多過ぎる」「北朝鮮によるハッキングでは?」「こうやって国の軍事情報を漏らすことも問題だ」などと指摘する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)