©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

あまりにも珍しい“激レア”な体験を実際にした人「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。

©テレビ朝日

3月18日(月)放送の同番組には、「型破りすぎてワイドショーまで賑わせた美術教師」が登場する。

およそ教師という職業には程遠い風貌の“ノノムラさん”。現在は退職しているが、美術教師をしていた当時は、ある出来事でワイドショーを賑わせた経験がある。

実は、美術教師ながら野球部の監督も務めていたノノムラさんは、ある試合に負けた際に「末代までの恥 腹を切りたい 死にたい」と発言し、この言葉が連日報道され、すっかり有名人になってしまったのだ。

美術教師であるがゆえ、「奇抜で型破りな発想」で野球部を甲子園に導いたノノムラさん。「人とは同じことをしたくない」という性格で美術教師、そして野球部の監督として常識を覆しまくったノノムラさんの型破り人生を振り返る。