「ロックンロール」の内田裕也さんが17日(2019年3月)逝った。79歳だった。妻の女優樹木希林さん(享年75)が亡くなって半年、入退院を繰り返していたが、先月20日に体調を崩して入院したままだった。妻の後を追うような旅立ちだった。

東京都知事選に出馬、政見放送で歌を歌った

希林さんが亡くなった後、「今年は予期せぬことが続いて起こったので、ここで弱気になったら、今までやってきたことはなんだったの、となる。なんと言われようが最後までロックンロールを信じてやるから、見ていて」といっていたが......。

内田さんは18歳の時エルビス・プレスリーに憧れ音楽の道に入った。1966年、来日したビートルズの前座をつとめ、同じ年、沢田研二さんらをスカウトし、これがのちに「ザ・タイガース」となる。70年代からは映画俳優としても活躍。91年52歳で東京都知事選に出馬、政見放送で歌を歌った。

私生活では、1973年に希林さんと結婚。しかしわずか3カ月で別居。81年には内田さんが勝手に離婚届を出し、騒動になった。内田さんは「イメージとして、ロックンロールカップルみたいなのがある」といい、希林さんは「あんなちゃらんぽらんな、お金のことも女の子ともどんぶり勘定、子供は作らせっぱなし」といいながらも結婚は続いた。

大麻取締法、銃刀法、強要未遂と住居侵入と3度の逮捕歴

結婚生活45年の中で、大麻取締法違反、銃刀法違反、強要未遂と住居侵入と3度の逮捕歴を重ねたが、希林さんは夫婦関係を終わらせなかった。これが、「Get Old with Me」という結婚情報誌「ゼクシー」(リクルート)のCMになる。

紋付姿の2人が、ちょっと距離を置いて座り、「結婚のいいところって、なんでしょうね」という希林さんに、内田さんは「ノーコメント」。最後はステッキをかざして「ロックンロール」、これに「そればっかり......」と希林さん。別居中の2人が感じさせた夫婦の絆が話題になった。

希林さんが亡くなったあと、「お疲れ様。安らかに眠ってください。見事な女性でした」とコメント。イベントで、「最後までロックンロールっていうのを信じてやり続けるから」といっていたのだったが......。

MCの国分太一「希林さんの後を追うように旅立ちましたが、今頃2人はどんな会話をしているんですかね。希林さんは『ちょっとくるのが早くない』とか......」

ニュース雑学おじさん・堀尾正明は「あんなに離婚したかったのに、最後は追いかけて逝っちゃった。ミュージシャンとしても、ものすごいキテレツ、個性的な生き方をした。ロックフェスの先駆けを40年前にやったのも内田さん」

しかし、歳をとると女には勝てないんだよな。とりわけ希林さんじゃあね。天国でもやられているよ、きっと。