コレクション展 特集「境界のむこう」兵庫県立美術館で、"境界"をテーマに絵画や写真など約140点

写真拡大

兵庫県立美術館で、2019年度 コレクション展 特集「境界のむこう」が開催される。会期は2019年3月16日(土)から6月23日(日)まで。

「境界」をテーマに約140点を展示

兵庫県立美術館では、1年を3期に区切り、収蔵品を横断的に紹介する「コレクション展」を実施。2019年度の第鬼として開催されるのが、「境界」をテーマとした展覧会だ。

私たちの身の周りに存在する様々な境界は、緩やかに変化し、移動し、新しく生まれて消えることもあるが、無くなることはない。事物を区分する境界は、時に乗り越えることが困難であり、時に不可能なこともある。一方で、境界の存在ゆえに守られているものもあれば、境界による線引きがあるからこそつながりを再認識し、相互の濃密な結びつきが生まれる可能性もある。

この展覧会では、そんな多様な性質を持つ「境界」をキーワードに、兵庫県立美術館の収蔵品約140点を展示。近代から現代までの絵画、写真、版画、彫刻など幅広いジャンルの作品を、「領域」「線をひく」「東/西」「生/死」「他者/自己」「現実/非現実」の6つのテーマに沿って、紹介していく。

「東/西」「現実/非現実」などをキーワードに

たとえば第3章「東/西」では、表現を通してさまざまな境界を越えていく作家たちにフォーカス。森村泰昌による《セルフポートレート 女優/ビビアン・リーとしての私1》などを展示する。明治維新以降に洋画を志し、西洋の技法や主題を学んだ日本人画家たち、そして、東洋的な要素と西洋的なものの融合を試みる現代作家たちの作品を観ることができる。

第6章「現実/非現実」では、夢か現実かわからないシュルレアリスムの作家の作品をはじめ、自然の描写の中に現れた不思議な光景など、境界線の曖昧な世界が描かれた作品を紹介。浅原清隆の《海を見た》などが展示される。

【詳細】
2019年度 コレクション展 特集「境界のむこう」
会期:2019年3月16日(土)〜6月23日(日)
※前期展示3月16日(土)〜5月6日(月・休)/後期展示5月8日(水)〜6月23日(日)
休館日:毎週月曜日および5月7日(火)
※ただし4月29日(月・祝)、5月6日(月・休)は開館
会場:兵庫県立美術館 常設展示室(1階、2階)
住所:神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
TEL:078-262-0901(代表)
開館時間:10:00〜18:00(特別展開催中の金・土曜日は20:00まで)
※入場は閉館の30分前まで
観覧料金:一般500(400)[300]円/大学生400(300)[200]円/70歳以上250(200)[150]円/高校生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金/[ ]内は特別展とのセット料金
※障がいのある人(70歳以上を除く)は各観覧料金の半額(4/2からは75%割引)、その介護者1名は無料
※毎月第2日曜日は公益財団法人伊藤文化財団の協力により無料


[写真付きで読む]コレクション展 特集「境界のむこう」兵庫県立美術館で、"境界"をテーマに絵画や写真など約140点

外部サイト

  • 「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展」三菱一号館美術館で、革命的ドレス「デルフォス」登場
  • 展覧会「シュルレアリスムとダリ〜幻想と驚異の超現実〜」福島・諸橋近代美術館で、約115点の作品を展示
  • 「奇蹟の芸術都市バルセロナ展」長崎・姫路・札幌・静岡・東京で、ダリやガウディなど作品約150点が集結