東京福祉大学で留学生700人が所在不明 不法残留になっている学生も

ざっくり言うと

  • 東京福祉大学は2018年度、留学生約3200人を「研究生」として受け入れた
  • そのうち約700人が所在不明となっていることが15日、分かった
  • なかには就学ビザが切れて、不法残留となっている留学生もいるとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング