藤川京子

写真拡大

 コントラチェックとエールヴォアが前に行くと思うのですが、コントラチェックの2勝は両方とも端を切っての勝利なので、今回も1番前で競馬をしたいところですが、今後の事を考えれば少し下げた位置からの競馬も教えたい筈なので、馬券には絡めたのですが、勝てなかった2戦は稍重だった事を見れば、それが原因の可能性も有り得るので、今回が良馬場であれば少しだけ下げた競馬を試すかもしれません。

 そうなると中山コースでもありますし、前走は、前で勝ったエールヴォアが先頭の競馬になると思います。その後ろには、新馬戦で勝ったばかりですが、ブラックタイド産駒のメイショウハナグシが続くと思います。前走は遅いタイムですが、余裕があったように見えましたので、まだまだ伸びそうです。

 そして、その後ろにランブリングアレー。中段から攻めて来る1番オーソドックスな馬ですが、2戦とも忠実に末脚を使えるので、馬券には絡めるかもしれません。それとレオンドーロ。中々勝てませんでしたけれど、中山は4戦して4回とも馬券に絡んでいます。東京でも走っていますが、一応馬券に絡んでいます。もしかしたら相手なりに走ってしまう馬だとしたら少し注意が必要かもしれません。

 ジョディーは、東京、新潟、中山、阪神とあちこちでレースをしていますが、色々と試しているのかもしれません。阪神JFは大失速してしまいましたが、前にいた馬達は総崩れだったので、それほど気にする事はないと思います。戦っている所は強い相手なので、このメンバーならいけると思います。

 それと少し気になるのがエフティイーリス。前走は4着でしたけれど2着と同じ上がりタイムでした。少し後ろ過ぎただけだったのかもしれません。3連複4軸
7、8、9、10、1、3