「アートになった猫たち展」日比谷図書文化館で開催 - “猫”を描いた浮世絵や近代美人画約100点

写真拡大

日比谷図書文化館の特別展「アートになった猫たち展〜今も昔もねこが好き〜」が、2019年4月26日(金)から6月23日(日)までの期間で開催される。

空前の猫ブームが続く昨今、アパレルから雑貨、コスメ、グルメに至るまで、生活のあらゆるところに愛らしい猫の姿が溢れている。しかしその流行は現代に始まったものではなく、200年も前、実は江戸の時代から存在している。

当時の江戸の町では、愛猫家の絵師・国芳が人気を博し、多様な猫の姿が様々な絵師の浮世絵に描かれた。その愛らしく、時に神秘的な姿は、時に美人画や戯画にも登場し、女性と戯れる猫、踊る猫、芸をする猫、あるいは猫顔で人気役者になりきって愛嬌たっぷりの姿を披露する猫など、姿を変えては江戸の庶民に広く親しまれていた。

本展は、浮世絵蒐集家・中右瑛が長年にわたり蒐集した浮世絵と近代美人画のコレクションを中心に、暮らしの中に描かれた猫や、猫を愛した芸術家たちの作品を紹介するもの。猫を愛し、好んで描いた歌川国芳、竹久夢二、藤田嗣治、そして現代の作家たちまで、後期展示入れ替えを含めて約100点が展示される。

【開催概要】
日比谷図書文化館 特別展「アートになった猫たち展〜今も昔もねこが好き〜」
開催期間:2019年4月26日(金)〜6月23日(日)
※5月20日(月)、6月17日(月)は休館日。
※5月21日(火)より一部作品が展示替えとなる。
観覧時間:
月曜〜木曜 10:00〜19:00
金曜 10:00〜20:00
土曜 10:00〜19:00
日・祝 10:00〜17:00
※入室は閉室の30分前まで
会場:千代田区立日比谷図書文化館 1階特別展示室
観覧料:一般300円、大学・高校生200円
※千代田区民・中学生以下、障害者手帳の所持者および付添の1名は無料。
※住所が確認できるもの、学生証、障害者手帳など要提示。


[写真付きで読む]「アートになった猫たち展」日比谷図書文化館で開催 - “猫”を描いた浮世絵や近代美人画約100点

外部サイト

  • 「メアリー・エインズワース 浮世絵コレクション」千葉・静岡・大阪で、葛飾北斎など名品200点
  • 「いつだって猫展」仙台市博物館で、江戸時代の猫ブームを歌川国芳らの浮世絵と共に紹介
  • シャネル・ネクサス・ホールの展覧会「ピエール セルネ & 春画」写真作品と葛飾北斎らの春画を展示