俳優の稲葉友さんが6月22日(土)から浅草九劇で公演される舞台『エダニク』で主演を務めます。

多くのドラマや映画で人気を博す稲葉さん。今作では舞台を中心に活躍する俳優の大鶴佐助さん、中山祐一朗さんと初共演。屠場という生体が食品へと加工されていく職場を舞台に、男3人でどんな“生”の化学反応を見せてくれるのでしょうか?


出典: NOSH(ナッシュ)

NOSHでは6月の舞台上映に向けて、劇場周りで撮影中の稲葉さんに突撃! 主演として本作へかける意気込みを聞いてきました。稲葉さんのインタビューは前後編でお届けします。

「浅草はインスタ映えするお店もたくさんあるので、女性はきっと来るだけで楽しいですよね」とロケ中に語っていた稲葉さん。下町情緒あふれる雰囲気と、近代的な建物が融合していて、実際に浅草九劇周辺は驚くほど“映えスポット”だらけ。「劇場に来た帰りにホッピー通りで飲むのなんていいんじゃないですか?」と自らプランを提案してくれました!


出典: NOSH(ナッシュ)

Q:『エダニク』は斬新なタイトルですよね。どういう意味なんですか?

稲葉友(以下、稲葉):舞台のタイトルになっている『エダニク』とは、屠場(食肉加工センター)で吊るされている、頭部や内臓を取り除いた骨付きの肉“枝肉”のことです。今作は屠場で働く3人の男でストーリーが構成されているんですが、その雰囲気はとても殺伐としていてキラキラ感は皆無(笑)。おそらく、昨今の僕がいただいてきたお仕事とは真逆の要素が求められてくるかと思います。

Q:稲葉さんが演じる沢村は結婚して子供もいる設定なんですよね。

稲葉:奥さんも子供もいる役はほぼ初めてだと思います。

舞台では沢村の奥さんも子供も登場しないのですが、妻子持ちという設定は役を脹らましていくうえで大きなポイントとなるので、それを自分のなかでどう落とし込んで役を形成していくのか、試行錯誤しているところです。


出典: NOSH(ナッシュ)

Q:登場するのは男性3人のみというのも珍しいですよね。

稲葉:男ばかりの現場は多いですけど、演劇で3人だけっていうのはたしかにレアです。でも、やっぱり男だけの現場のよさというものがあるので、僕はそれをけっこう楽しみにしているんです。あの男子ノリ特有のバカさ加減というか、誰にも止められない突っ走り感みたいなのって、モチベーションになるし、それが作品にも活きてくるんですよ。舞台を観に来てくれる方には、そういう男だけで放つエネルギーにも期待していただければなと思います。

Q:男性同士でいるときってどんな会話をしているんですか?

稲葉:本当に中身のない会話しかしていないですね(笑)。終わってみると「あれ、俺ら何の話していたっけ?」みたいなのがしょっちゅう。でも、男同士ってみんなそういうもんだと思います(笑)。


出典: NOSH(ナッシュ)

Q:他にはどんなところに注目してほしいですか?

稲葉:今回の舞台は正直、観ていてしんどくなるシーンもあるけど、その分共感できるシーンも多いはず。仕事は違えども、「みんな闘っているんだな」というのを伝えていける作品になると思うので、この舞台を観に来てくれた方がそれで少しでも勇気をもらってくれれば、僕としては俳優冥利に尽きます。

Q:世の中にはやりたくない仕事をしている方もたくさんいます。そんななかで、仕事に楽しさを見出すには、どう工夫していけばいいと思いますか?

稲葉:没入できる瞬間を見つけることじゃないでしょうか。与えられた仕事を普通にこなしているだけは、その先にある達成感に辿り着くには難しいのかなと思います。

僕なんて先日、形がバラバラの領収書をノートに綺麗に貼り付けていく作業をしていたのですが、途中から「ジグソーパズルだと考えたら面白そう」と思考を切り替えたらのめり込んじゃって。その瞬間は完全に“領収書ハイ”状態になりました(笑)。やっぱりどの仕事も考え方次第だと思うんです。自分なりの“ハマるポイント”を見つけられるといいのかもしれませんね。(取材、文:近藤加奈子、写真:増永彩子)


出典: NOSH(ナッシュ)

インタビューは後編に続きます。

舞台『エダニク』は浅草九劇にて6月22日(土)〜7月15日(月・祝)まで公演です。

【公演概要】

『エダニク』

作:横山拓也(iaku)演出:鄭義信

公演期間:2019年6月22日(土)〜2019年7月15日(月・祝)

会場:浅草九劇(https://asakusa-kokono.com/)

【チケット】

前売り:4,500円(税込)

・浅草九劇先行:2019年3月14日(木)11:00〜2019年3月21日(木)23:59

浅草九劇HP:https://asakusa-kokono.com/

・チケットぴあプレリザーブ:2019年3月20日(水)〜2019年3月27日(水)23:59

・一般発売:2019年4月6日(土)11:00〜

【関連記事】

横浜流星、杉野遥亮と遊ぶ時は「スーパー銭湯へ行く」

SixTONES「少年たち」映画化は「本当に嬉しい」 持ち前のトーク力で会場を沸かす

「グッドワイフ」北村匠海に単独インタビュー!小泉孝太郎とのイチャイチャシーン大反響に「あ、そこなんだ!?」

岩田剛典、ルイ・ヴィトン新アンバサダーに就任!<本人コメントあり>