現在、日本の野球人口は減少の一途をたどっている。日本中学校体育連盟(東京)の調査によると、中学校軟式野球部の部員数(男子)は、2009年度「30万7053人」だったのに対して、2018年度は「16万6800人」にまで減少。さらにここ数年の減少率は急速に進んでいるという。

 この問題に声を上げるプロ野球選手も出てきている。これまでも野球界の改革を訴えてきた、DeNAの筒香嘉智が、今年1月に行なわれた記者会見で、子どもたちを取り巻く野球環境改善を提言した。

“勝利至上主義の弊害”や、”お茶当番”という親の負担が子どもを野球から遠ざけているのではないかとも指摘。とりわけ”勝利至上主義の弊害”は、筒香の一貫した考えだ。


石神井高校が開催した野球イベントには36人の小学生が参加した

 指導者が目先の勝利を求めすぎるあまり、子どもがプレッシャーを感じ、野球の楽しさを感じられなくなってしまっていると主張。その思いから、2017年に自身が設立した「チーム・アグレシーボ」で、野球未経験の未就学児童や小学校低学年の児童を中心に体験会を開催し、子どもたちに野球の楽しさを知ってもらおうと奔走している。

 この筒香の主張に対して、今季から米大リーグのシアトル・マリナーズに移籍した菊池雄星が「僕らが筒香に続かなきゃいけないと思う。他人事じゃいけない」と声を上げている。菊池も野球未体験児への遊び場を提供するシンポジウムを毎年のように開催。野球普及活動に力を注いでいる。

 また、昨年12月には、日本ハムの斎藤佑樹、巨人の重信慎之介らも参加した早大野球部OB会による、少年野球チームに所属していない小学生を対象としたイベントも行なわれた。指導よりも、子どもたちに野球を楽しんでもらうことに主眼が置かれていた。

 野球人口減少の危機的状況をみて動き出しているのは、プロ野球選手だけではない。子どもたちに野球の魅力を知ってもらおうと、都立高校野球部が動き出した。それが石神井高校野球部だ。

 3月5日に石神井高校のグラウンドで未経験者を含めた小学生36人を集めて、野球イベントを開催。野球部顧問の石川大貴は言う。

「野球を楽しめないのは、野球ができる環境が少なかったり、チームに所属していても出場機会に恵まれなかったり、厳しい指導に堪えられなかったり……いろいろな要因があるかと思います。せっかく始めたのだから、野球の楽しさや魅力をもっと将来ある子どもたちに感じてもらいたい。そのきっかけづくりを石神井高校野球部が手伝えないかと考え、今回のイベントを企画しました。

 野球の楽しさを伝えるイベントは各地で行なわれていますが、公立高校の野球部の取り組みとしては異例と言えるかもしれません。そこに私たちがチャレンジし、本校野球部の選手自身、ひいては高校野球界にとっても有意義な活動にしたいと思っています」

 部内でこの企画を伝えると、部員たちは快く了承し、企画の実行につながった。趣旨は、シンプルに野球を楽しんでもらうこと。子どもたちの自主性を大切にし、チームに所属している児童には技術指導は一切行なわず、思いのままにプレーしてもらった。

 イベントがスタートすると、部員の発案でゲーム要素を取り入れたウォーミングアップを開始。広いグラウンドを思い思いに走らせてから、キャプテンの号令で人数が示され、子どもたちがその人数分のグループをつくる。初対面同士で緊張していた子どもたちも、これで一気に打ち解けた。

 アップが終わると、低学年の児童には簡単なボール遊びやミニゲーム、高学年の児童には石神井高校の部員を交えて試合を開始。試合が始まると、グラウンドのあちこちから「ナイスバッティング」、「ナイスプレー」など、部員たちの声が飛び交う。野球の魅力を伝えるために、ひたすら盛り上げ役に徹していた。言われた子どもたちもうれしそうに、活発に動き回っていた。

 また、イベントの前後には、今回の趣旨に賛同したNEC×法政大学大学院共同開発チームによる「メディカルチェック」も行なわれた。子どもたちひとりひとりの柔軟性や筋力を計測・評価し、ケガの予防やパフォーマンスの向上を促す取り組みだ。3Dセンサーを使った測定機能に子どもたちも興味津々だった。

 終始子どもたちの笑顔があふれるなか、イベントは終了。自分たちの取り組みで子どもたちに楽しんでもらえたという手応えからか、部員たちの活き活きとした満足感のようなものが印象に残った。

 キャプテンの山口楓真に話を聞くと、充実感漂う顔でこう答えてくれた。

「子どもたちに野球の楽しさを伝えるのは難しかった。でも、知らない子同士でも最後は打球を追いながら声を掛け合って、コミュニケーションも取れていたので、楽しんでもらえたと思う。とてもいい経験になりました」

 内野を守る小松大輝は「自分の少年野球時代を思い出した。ヒットを打ったり、いいプレーをした時に周囲に声をかけられるうれしさは、みんな一緒だと思う。その楽しさが野球を続けるきっかけになると思うし、このイベントを通じてそこを感じてもらえたら」と話してくれた。

 また、子どもたちと向き合う部員たちの表情を見て、顧問の石川は「選手たちが本当に楽しそうにやっているなと、見ていて感じました。野球少年に戻ったような表情をしていました」と顔をほころばせた。

 以前、他校の先生から「野球少年に戻ったような顔をしている代は強いよ」と言われたことを、石川は思い出したという。

「高校生も野球を楽しむことが必要なんですね。『好きこそものの上手なれ』の言葉の意味がわかった気がします」

 冒頭で紹介したようなプロ野球選手たちの発信は、社会的影響力が大きい。だが、草の根レベルでこうした活動を続けていくことこそ、野球を普及させていくうえでは重要ではないか。

 野球人口減少の問題に立ち向かえるのはプロ野球選手だけではない。こういった広がりを見せていくことこそが、筒香が真に望んでいることだろう。この地道な活動が、未来の野球界を支えていくことになるのだと思う。