『クリス・マルケル特集2019〜永遠の記憶〜』チラシビジュアル

写真拡大

特集上映『クリス・マルケル特集2019〜永遠の記憶〜』が、4月6日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国で順次開催される。

【動画と画像を見る(14枚)】

1921年にフランス・パリで生まれ、2012年に逝去したクリス・マルケル。フィルム、写真、本、ビデオ、ゲームなど多様なメディアを用いて、記憶と記録、歴史と個人史、戦争、虚構と現実といったテーマの作品を発表してきた。

上映作品には、日本では劇場初公開となる『イヴ・モンタン〜ある長距離歌手の孤独』や、代表作とされる『サン・ソレイユ』、黒澤明監督による日仏合作映画『乱』の撮影過程を記録したドキュメンタリー『A.K. ドキュメント黒澤明』など8本がラインナップ。

4月6日には港千尋、7日には金子遊、13日には古賀太、14日には岡田秀則によるトークイベントを予定。詳細は『クリス・マルケル特集2019〜永遠の記憶〜』の特設サイトで確認しよう。