「エラーは打たせた自分が悪い」吉田輝星を変えた高2夏の敗戦

ざっくり言うと

  • 吉田輝星は高校1、2年生のころ、チームメイトから恐れられていたという
  • 守備のエラーに怒っていたためだが、2年生の夏に経験した敗戦で変化
  • 「エラーはそこに打たせた自分が悪い」と周囲を考えるようになったそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング