完全に引退したことを認めたファン・ハール

写真拡大

ルイス・ファン・ハールは改めて引退したことを認め、マンチェスター・ユナイテッドを退任してからのここ2年間でオファーを受けていたにも関わらず、現場に復帰する考えはないことを明らかにした。

オランダ人指揮官は日曜日の夜にオランダのテレビ番組で、個人的な理由で完全なる引退を決意したことを連想させた。

「私の妻は22年前に、私が外国で仕事をすることについてくるために仕事を辞めた。私は彼女に(1997年に)、55歳で引退すると約束したが、65歳まで続けた。今はもう続けることができないよ」と『VTBL』で説明した。

現在67歳のファン・ハールは、彼の妻トリュスと落ち着いた生活を送っている。「選手達と同様に、私の妻もルイス・ファン・ハールとの人生を送る権利があり、彼女はとても満足していると言うことができる」と冗談を交えながらコメントした。

オランダ代表に復帰してからの最後の数年間は輝かしいものであった。具体的にファン・ブロンクホルストの後任として、来シーズンのフェイエノールトの監督就任が噂されていたが、アドフォカートとファン・ハール自身に打診した後、ヤープ・スタムが指揮を執ることが決まっていた。

バルサの元指揮官は、この最近のコンタクトは認めていなかったが、昨シーズンにロッテルダムのクラブから監督復帰のオファーがあったものの、断っていたことは認めている。