「大丈夫だと思った」災害で避難指示も自宅にとどまる人の考え方ウェザーニュース

「大丈夫だと思った」災害で避難指示も自宅にとどまる人の考え方

ざっくり言うと

  • 2018年7月に発生した西日本豪雨について、熊本県がアンケートを実施した
  • 避難指示や避難勧告が出た後も、自宅にとどまった住民が8割以上いたと判明
  • 「これまで同様の状況で何も起こらなかった」からとの理由が最も多かった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング