映画『君は月夜に光り輝く』に出演!高身長&さわやか若手俳優、甲斐翔真。劇中で共演している北村匠海と初めて経験したこととは?

圧倒的な存在感が光る、注目の新人。
9頭身×さわやかフェイスと185cmという高身長で、全国の女子たちを魅了している若手俳優、甲斐翔真さん。

2016年に『仮面ライダー エグゼイド』でデビューしてから、「痛快TVスカッとジャパン」「花にけだもの」など数々の作品で演技力を磨き、輝きを増し続けている俳優の甲斐翔真さんが3月15日公開の映画『君は月夜に光り輝く』にも出演。

今回は主人公2人の同級生役として、その存在感を見せつけた甲斐さんに映画のことをはじめ、Peachy読者が気になる恋愛についても話してもらいました。

直筆サイン&メッセージが入ったプレスシートのプレゼントもあるので、最後までじっくりとお読みください♡
↑北村匠海さんが演じる主人公:岡田卓也の同級生:香山彰を熱演!

実は劇中で北村匠海さんと初めて挑んだ◯◯!?

―――まず、映画『君は月夜に光り輝く』で印象に残っているシーンについて教えてください。

「やっぱり、スーパームーンのシーンですね。あの映像の美しさは月川監督ならではだと思います。撮影をしているときから、これがどんな映像になるんだろうと楽しみにしていたんですけど、案の定めちゃくちゃ綺麗で……。観た方はきっと感動するはずです!」

―――初共演の北村匠海さんと映画の中で舞台『ロミオとジュリエット』に挑戦していましたが、いかがでしたか?

「実は僕も(北村)匠海も、この映画で初舞台を経験したんです。だから、舞台での話し方、表現の仕方が難しいね……という会話をしていました。

映画やドラマだと、対相手との会話ですけど、舞台の場合、目の前にお客さんがいるので、そこに向けても伝わるように表現しないといけないので。そんな真面目な話をしていました(笑)。

あと衣装やセットが豪華すぎてビックリしていました。せっかくなのでいつか、本物の舞台でロミオ役をやってみたいですね。僕、歌が好きなのでミュージカルにも挑戦したいんです!」

今、したくてしょうがないこととは?

―――映画のキャッチコピーに「あなたのせいで、生きたくてしょうがない」とありますが、今「◯◯のせいで、◯◯したくてしょうがない」というものを教えてください。

「撮影ばかりの日々を過ごしていたので、カラオケに行きたくてしょうがない!(笑)最近、カラオケに全然行けていないんです……。

よく歌うのは、玉置浩二さん! 懐メロ?って言うんですかね、新しい歌よりもちょっと前の歌のほうが僕は惹かれてしまうんです。DEENさんの「このまま君だけを奪い去りたい」とかも好きです。いい歌ですよね!」

究極の選択「恋愛と友情」選んだのは…

―――そんな劇中では、北村匠海さんが演じる同級生の“卓也”と同じ人を好きになるという役になりますが、実際に友人と好きな人が一緒になった場合はどうしますか?

「友達をとります(断言)。友情って一生だと思うし、どんなにケンカをしても友達は友達。その存在は大事にしたいです。もちろん、恋人も一生だとは思うんですけど……(笑)。

僕的には友情が勝ちますね。なので同じ人を好きになったら、譲るというか、引きます。好きな人への思いは、何かでごまかします。カラオケで熱唱するとかして(笑)。」

―――劇中では、永野芽郁さんが演じる“まみず”が“卓也”に自分のやりたいことを代行してもらうというお話ですが、もし好きな人に代行を頼めるとしたら何を頼みますか?

「普通なら旅行とか思いつくかもなんですけど、僕は好きな人をひとりで旅行に行かせるのは心配になっちゃうので(笑)。だから、毎日違うカレーを持ってきてほしい!

僕はカレーが好きなので、好きな人に作ってもらったり買ってきてもらえたらうれしいです。愛情のこもった出前って感じですかね(笑)。」


―――「余命0」ながら、最後まで懸命に生きることを諦めなかった“まみず”のように、最近「生きているなぁ!」と実感した瞬間はどんなときですか?

「ちょうど今、ある作品の撮影中で茨城に泊まり込みで撮影をしているんですけど、山に囲まれているので空気がすごく綺麗なんです。

そんな環境の中で部活のシーンを撮ったんですが、疲れて座って「はぁー」って一息ついたときになんだか懐かしい感じがして、「今、生きているなー」と思いました。

ちょうどその日が暖かくて、春の陽気の太陽を浴びながら……っていう空気感がすごくよかったんですよね。」

ずっと忘れられない初恋の女性

―――卓也にとってのまみずのように……今までの人生で忘れられない女性はいますか?

「初恋と言っていいか分からないけど、幼稚園のときの先生。すごく好きだった記憶があるんです。名前もいまだに覚えていますし!

(当時は)大人の女性が好きだったのかな……(照)。あ、でも今でも年上の女性は好きです。
自分より多く生きている分、学びがありそうなところがいいですね。」

―――最後にPeachy読者へのメッセージをお願いします。

「ぜひ劇場に足を運んでもらって、映画『君は月夜に光り輝く』を観て、ありったけの涙を出してください。ただ、この映画は最後まで悲しいものではなくて、みんなで前を向いて歩いて行くという気持ちにさせてくれる本当に素晴らしい作品です。

もうすぐ4月で新生活がはじまる方も多いと思うので、前を向いて新年号を、新しい時代を僕と一緒に生きていきましょう!
そして、僕ももっとみなさんの前にいろいろな作品でお目にかかることができるようにがんばるので、楽しみにしていてください。」



INFORMATION
『君は月夜に光り輝く』 2019年3月15日(金)より全国ロードショー

【STORY】
高校生の岡田卓也(北村匠海)はクラスの寄せ書きを届けるために病院に行き、発光病という不治の病を抱える同級生の渡良瀬まみず(永野芽郁)に出会う。まみずの大切な宝物を壊してしまった卓也は、病院から出ることを許されないまみずの“叶えられない願い”を代わりに実行して、その感想を届ける【代行体験】を行う約束をする。代行体験を重ねていくうちに、ふたりの距離は近づき、まみずは生きることに楽しみを覚えてしまうが、命の輝きが消える瞬間は刻々と迫る。まみずが卓也に最期に託した代行体験とは? 切なくて儚い、だけどとても美しくてあたたかい、そんな究極の青春純愛映画。

今回取材した、甲斐翔真さんが演じる香山彰は、兄をまみずと同じ発光病で亡くしている卓也の同級生。実はまみずに恋をしているけれど? まみずと卓也と香山の三角関係にもご注目を♡
映画『君は月夜に光り輝く』公式サイト 



PROFILE
甲斐翔真 Shouma Kai
1997年11月14日生まれ。東京都出身の21歳、B型。『仮面ライダー エグゼイド』シリーズでのパラド役でデビュー。その後、『ゼロ 一攫千金ゲーム』や『覚悟はいいかそこの女子。』などでいろいろな役柄を演じ、注目が集まる。185cmの長身で小顔、さわやかでほんのり甘いルックスでありながら、性格は真面目で硬派♡ 素顔がたっぷりとつまった「甲斐翔真 2019年カレンダー」も絶賛発売中!
公式Twitter (@kai_shouma) 
公式Instagram(@kai_shouma)
公式Blog


応募方法はカンタン
Peachyの公式Twitterをフォロー&下記ツイートをRT



上記の条件を満たした方の中から、甲斐翔真さんの直筆サイン&メッセージ入りプレスシートを抽選で3名様にプレゼントいたします🎁
■受付期間:2019年3月14日(木)18:00 〜 2019年3月21日(木)12:00

■当選者確定フロー
・当選者発表は、応募締切後1週間以内にご連絡します。
・当選者発表方法/応募受付終了後、厳正なる抽選を行い、発送先のご連絡 (個人情報の安全な受け渡し) のため、運営スタッフから個別にご連絡をさせていただく形で発表とさせていただきます。
・当選者発表後の流れ/当選者様にはPeachy編集部から、ダイレクトメッセージでご連絡させていただきます。3日以内に当選者様からのお返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。

■キャンペーン規約
・複数回応募されても当選確率は上がりません。
・商品発送先は日本国内のみです。
・応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。
・応募内容、方法に虚偽の記載がある場合や、当方が不正と判断した場合、応募資格を取り消します。
・当選結果に関してのお問い合わせにはお答えすることが出来ません。
・商品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
・本キャンペーン当選賞品を、第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
・個人情報の利用に関しましては こちらをご覧ください。

女の子がハッピーになるようなNEWSを以下のSNSでも発信中♡
Peachy LINE公式アカウントメディア
Peachy 公式Twitter
Peachy 公式Instagram

これからもより良い情報をお届けできるよう頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします♡


Photo_Yoshinobu Bito Text_Yoko Ando