©テレビ朝日

写真拡大 (全3枚)

3月11日(月)に放送される『徹子の部屋』では、昨年11月に亡くなった赤木春恵さん(享年94)を偲ぶ。

スタジオに登場するのは、一人娘の野杁(のいり)泉さんと、赤木さんが80歳を過ぎて乳がんになったときに力になった大空眞弓。

©テレビ朝日

赤木さんは、学校の校長先生から嫁イビリが評判の姑役まで幅広く演じお茶の間の人気者に。共演者からも「赤木のママ」と呼ばれ慕われた。

キツイ役柄を演じることが多いため素顔も同じだと勘違いされることもあるが、実際は間逆で、共演した泉ピン子から「隣のとろ子ちゃん」と呼ばれるおっとり型のお人好しだった。

特に、互いが「大親友」と呼び合う仲の森光子さんの前では失敗も多く、舞台上で本当に寝てしまった赤木さんを叱ったのも森さんだったそうだ。

©テレビ朝日

子どもと離れて仕事に行く辛さを語った赤木さんの映像が流れると、大空も子どもを置いて仕事に行った当時を思い出したのか、その辛さを語り出す。