Dr.コパ氏の決断は競馬界を盛り上げた

写真拡大

 藤田菜七子騎手のGI初騎乗に沸いた競馬界。競馬マスコミばかりか、朝日新聞の天声人語まで取り上げるなど、近年では珍しい社会現象級の盛り上がりを見せたともいえる。そんなフェブラリーステークスの余韻も冷めやらぬ中、菜七子狂騒曲のきっかけを作ったDr.コパこと小林祥晃氏にインタビューを敢行。菜七子騎手への信頼感から、「ダート1200までなら日本一」という愛馬・コパノキッキングの素顔までを語り尽くした。(取材・文/麻野篤)

【写真】コパノキッキングを労う藤田菜七子騎手

──フェブラリーステークスは残念ながら5着でした。

コパ「いや、もう頼んだ通りの騎乗でしたし、オーナーとしては満点ですよ」

──もし違うジョッキー、たとえば外国人騎手に乗せていたら違った結果だったかも、と考えることはありませんか?

コパ「う〜ん、もちろん欲目で見たらあるのかもと思いますが、将来を見たらね。そろそろキッキングの主戦を誰にするか考えなくてはならない時期でしょう? すでに去年の夏には武豊か藤田菜七子という選択をしていたんですよ。ただ、(武豊のお手馬の)インティが思いのほか強くって(笑)。それは武豊はインティにいくだろうと(実際、インティがフェブラリーステークスを優勝)。

 とはいえ、インティは短いとこは出てこないだろうから、キッキングが1200とか1400とかに特化してくれば、先々では武豊が空いてくる可能性もありますよね。そうなると、武豊が乗ったキッキングが見て見たいよね、ともなりますよね(笑)。どんなキッキングになるのか、それはいちファンの目線としてもね」

 小林氏の口からは、しばしば「ファン目線」という言葉が出てくる。それこそが氏の馬主としての哲学であり、学生時代に競馬ファンだったそのままの感覚だと明言する。今回、菜七子騎手に騎乗を依頼をした理由にも、その考え方が色濃く出ていた。

コパ「やっぱりファン目線は意識しますよ。当たり前だけど、馬にはファンがついている。あの個性的なキッキングに菜七子が乗っているのを見てみたい、というのが僕のいちファンとしての発想。まずはそこがありますよね。そうしたら、実はそう考えていた人がたくさんいたということなんですね。あれだけの人が集まった理由はそこなんじゃないかと思います」

──結果として、久しぶりに競馬界が盛り上がりました。

コパ「当たり前だけど、競馬ファンとしては、競馬が衰退するより栄えた方がいいでしょう? いま、競馬はなかなかスポーツ新聞の一面に載りませんよ。ところが、今回は何度も菜七子中心に取り上げてくれました。今も多くの女性誌からも取材が来ているほど。あのコンビで盛り上がったのは、オーナーとしても本当によかったですよね」

──そもそもなぜ武豊か藤田菜七子なのでしょう。

コパ「キッキングは乗り難しいところがあったのですが、それをカバーする柔らかい騎乗で走ったらどうなのかな、と思って。キッキングに関しては、武豊か菜七子だろう、と僕は思ったわけです」

──あたりが柔らかい。

コパ「もう折り紙付きでしょう。女性独特の関節の柔らかさとかもあると思うしね」

──女性だから乗せてあげたという部分は?

コパ「いや、それはない。下手だったら乗せないし(笑)。第一、そんなことしたら厩舎にも迷惑ですし、レベル以下の騎手ならファンに対しても失礼でしょう。実際、菜七子はうまくなりましたよ。確かに、もともと育ててあげようという気持ちを持ってたこともあるけど、それは個人馬主にしか出来ないことだから。まあ、オーナーも調教師も一流ではないから(笑)、思い切ってできるんだよ」

 謙遜するコパ氏だが、過去にはコパノリチャードで高松宮記念(2014年)を制覇、コパノリッキーでフェブラリーステークスを連覇(2014年、2015年)するなど、数多くの重賞勝ちを誇る大馬主である。自ら開運につながる風水を実践してきた立場も交えて、コパノキッキング購入のいきさつを明かしてくれた。

コパ「キッキングが2歳の時に3月のフロリダのセリに出たんです。明くんが(村山明調教師)そのセリに行くと聞いて調べたら、風水的にフロリダがすごくいい方向だったんですね。

 それで、初めから予算は10万ドル(約1100万円)までね、と伝えてたんだけど、当初明くんは『買えませんよ、そんな値段じゃ』とか言っていました。だいたい40万ドル(約4400万円)とか60万ドル(約6600万円)とかまでいくようなセリだったらしいんでね。しかも、『一番時計のを10万ドル』なんて言っていたから、ますます無理だろう、と(笑)。ところが、それが10万ドルで落ちちゃったんだよね」

──何か理由があったんですか。

コパ「足が曲がってた(笑)。内向(ないこう)していたんです」

──気にならなかったんですか。

コパ「いやあ、その辺が僕と村山明は能天気なんで(笑)。生まれつきなんだから足が曲がっているのも本人は分かっているだろうから大丈夫だろ、というね。ハッハッハ(笑)。ただ、条件はよくないぶん、馬体重があまり増えないようにしようという話はしました。500キロもあると負担も大きいから、いまは480キロくらいに調整して走らせています」

──騸馬にされましたね。

コパ「これね、とにかくオツムがどうしようもないんですよ(笑)。まあ、そのおバカなんですよ(笑)。日本に持ってきて、検疫終わって育成牧場に入った時に連絡したんです。で、気になっていたから『足はどう?』って聞いたら、『いや、足よりもってひどいところがあるって』言われて。『なに?』って聞き返したら、『バカです』って(笑)」

──気性難というやつですか。

コパ「みたいです。僕が見に行くって言ったら『気を付けて来てください』って言われるくらい(笑)。まあ、環境に慣れてきたら少しおとなしくなっていましたけど、周りにケガさせてもいけないしね。日本来て2、3か月して、7月くらいには去勢させました。

 だから、いま走っているのは去勢のおかげですよね。キッキングが走るようになってから、(騸馬に)してなきゃよかったのに、とかずいぶん言われますけど、あのままでしたら、たぶん難しかったと思いますよ。いまでも馬場に入った時には飛んだり跳ねたりで、騎乗者落としたり激突したりしているみたいですし」

──レースではそう見えないですよね。掛かったりもしないし。

コパ「ああ、そういうところは大丈夫みたい。とにかくゲートに入るまでが大変みたい(笑)」

 そんなキッキングと菜七子のコンビは、今年いっぱいは既定路線だという。結果を見ながら、と慎重ながらも、夢はアメリカ・ブリーダーズカップ(11月サンタアニタパーク)まで広がっているようだ。

──今後のローテーションについては?

コパ「まず4月10日大井の東京スプリントへ。仲良くさせてもらっている北島さんの馬(キタサンミカヅキ)と本命対抗でしょうね」

──菜七子騎手と?

コパ「もちろん。とりあえず彼女を重賞の表彰台に立たせたい。交流G3ですけど、それなりに価値があるかな、と。その先は1600が持つかどうかになりますけど、なんとかなるなら強いところが出てくるかしわ記念(5月6日船橋)。4歳のナンバーワンともいわれるルヴァンスレーヴとかゴールドドリームとかにぶつけたい気持ちもあるんでね。こないだ(フェブラリー)は恐る恐る乗っていたんで、今度はガチンコにいけるんじゃないかと思って。まあ、本当は広いところのワンターンでやらせたいんですけどね。

 それに、キッキングはダート1200なら日本一強いと思うんだけど、あんまり適当なレースがないんですよね。JRAにも、ダートの短いところを馬鹿にしすぎているんじゃないのかな、とちょっと言いたいくらいです(笑)」

──海外はどうでしょう。11月にはブリーダーズカップがあります。

コパ「うーん。フェブラリーで1、2着なら1も2もなく宣言したかったんだけどね。ブリーダーズカップって、ダート馬にとっては凱旋門賞みたいなもんでしょう。いや、それ以上かもしれない。過去に日本馬も勝っていないし。もしもそれで勝ったりすれば素晴らしいな、と思ってね。もちろん彼女にとっても」

──菜七子騎手とはそこまでお話を?

コパ「本人には一戦一戦と言っていますけど、村山調教師とは年内いっぱいは(菜七子騎手で)という話はしています。その先は、武豊とのキッキングも見てみたい。ファン目線としてもそういう気持ちはあります」

【PROFILE】Dr.コパ/本名:小林祥晃(こばやし・さちあき)。1947年東京都生まれ。日大理工学部卒業。一級建築士、神職(石見一宮物部神社)、愛知工業大学客員教授。日本の風水・家相の第一人者。ラブミーチャン、コパノリッキー、コパノリチャードなどGIホースのオーナーとしても知られる