ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今年も、はや3月。春本番ですね。

 競馬界でも3歳春のクラシックの訪れを知らせる前哨戦、チューリップ賞と弥生賞が先週行なわれました。牝馬、牡馬ともに、本番に向けての勢力図が徐々に見えてきた印象です。

 そして今週も、東西で3歳牝馬クラシックのトライアル戦が2鞍、GIIフィリーズレビュー(3月10日/阪神・芝1400m)とアネモネS(3月10日/中山・芝1600m)が行なわれます。また、中京では古馬のGI大阪杯(3月31日/大阪・芝2000m)への前哨戦となるGII金鯱賞(3月10日/中京・芝2000m)が行なわれます。いずれもGIへの優先出走権が与えられる(※)レースゆえ、白熱した争いが期待されます。
※フィリーズレビューは1〜3着馬、アネモネSは1、2着馬にGI桜花賞への優先出走権が、金鯱賞は勝ち馬に大阪杯への優先出走権が与えられる。

 なかでも、先日の中山記念に続いて、5頭ものGI馬が顔をそろえた金鯱賞は見応えのあるレースになりそうです。

 だからといって、GI馬だけに気をとられるわけにはいきません。中山記念でも、勝ったのは注目を浴びていたGI馬5頭ではなく、GI未勝利のウインブライトでした。

 これが、トライアルの面白いところ。やはり、GI本番の出走条件を満たした賞金のあるGI馬は、先を見据えて余裕を持たせていたのでしょう。これは、当然のことで、仕方がないことです。最善は尽くしていますからね。

 この流れからすると、今回もGI馬以外に注目が集まりそうですが、僕自身はダノンプレミアム(牡4歳)に期待を寄せています。

 2歳から3歳春にかけての4戦、デビュー戦からGII弥生賞(中山・芝2000m)までに見せた圧巻のパフォーマンスは、間違いなく世代ナンバー1でした。

 肝心のクラシック本番では、GI皐月賞(中山・芝2000m)を回避。GI日本ダービー(東京・芝2400m)では、初の敗戦(6着)を味わうことになりましたが、その敗戦も順調さを欠いていたこと、そして距離を意識して大事に乗られたこと、さらに窮屈な競馬を強いられてしまったことなど、不運が重なってしまっただけ。どれかひとつでもクリアできていれば、また違った結果になっていたと思います。

 その後は、長期休養。爪の不安ということのようですが、おそらく爪が伸び切るまでじっくり待っていたのでしょう。

 あとは、状態次第。中2週で本番の大阪杯を迎えるので、さすがに目いっぱいには仕上げてこないと思いますが、たとえ8分の出来でも圧勝できる器だと、個人的には思っています。

 正直、ここで負けてほしくないんですよねぇ……。同馬には、それほどの期待をかけています。

 陣営としても、期待しているからこそ、無理をせずに休ませたのだと思います。昨秋には一度トレセンには入っており、調教で時計を出していたことからも、”使おうと思えば使えた”可能性もありますが、ここまで復帰を延ばしたということは、それだけ万全を期したと考えたいですね。できれば、ここから破竹の連勝街道を再び突き進んでいってほしいです。

 ライバルと目されるのは、エアウィンザー(牡5歳)でしょうか。世間的な評価も、他のGI馬よりも高いようですね。

 実際、他馬を圧倒する勝ちっぷりを見せてきた昨秋からの連勝劇には目を見張るものがありました。とくに、前走・GIIIチャレンジC(2018年12月1日/阪神・芝2000m)の勝利には驚きました。ある程度流れた厳しいペースのなか、楽に好位で流れに乗って、終(しま)いも弾けて後続を3馬身も突き放しましたからね。

 まさに本格化を感じさせる内容で、良血の素質馬が開花した印象があります。確かに、休み明けのダノンプレミアムにしてみれば、かなりの強敵になるでしょうね。

 ただ、逆に言えば、そんな馬を返り討ちにしてこそ、本番が一段と楽しみになると言うもの。やはりそこまでの期待を、ダノンプレミアムにはしてしまいますね。

 とにかく、最大の注目はダノンプレミアムというレースですが、「ヒモ穴馬」にはアルアイン(牡5歳)を取り上げたいと思います。ここでは注目度の低いGI馬ですが、意外と人気の盲点になるのではないでしょうか。



勝ち星からは遠ざかっているものの、安定感のあるアルアイン

 一昨年の皐月賞馬ですが、それ以降、2年近く勝ち星がなく、勝ち味に遅いイメージが膨らんでいて、ここでは人気を落としそうです。ただ、勝ってはいませんが、掲示板を外したのは極悪馬場だったGI菊花賞(7着。京都・芝3000m)だけ。高いレベルで、常に安定した走りを見せています。

 昨秋も、GIIオールカマー(2着。9月23日/中山・芝2200m)、GI天皇賞・秋(4着。10月28日/東京・芝2000m)、そしてGIマイルCS(3着。11月18日/京都・芝1600m)と未勝利ですが、いずれも好メンバー相手に奮闘しました。とりわけ、天皇賞・秋は今回と同じ左回り。その大舞台での好走は自信になったでしょうし、今回につながると思います。

 マイルCS以来の休み明けですが、昨春も休養明け初戦のGII京都記念(2月11日/京都・芝2200m)でレイデオロに先着する2着。およそ5カ月の休み明けとなった昨秋のオールカマーでも、勝ったレイデオロに肉薄する2着と健闘し、休養明けでもきっちり走れるタイプですから、心配はないでしょう。

 鞍上は、オールカマーでも手綱を取った北村友一騎手。最近の活躍が目覚ましい注目ジョッキーです。この春はGI戦線でも有力馬に騎乗する機会が多くなるようで、大ブレイクする可能性は大いにありそうです。 そんな勢いのあるジョッキーゆえ、ここでも注目です。どんなレースを見せてくれるのか、楽しみですね。