生活保護受給者に提供の施設で結核 18人感染、1人が死亡

ざっくり言うと

  • 埼玉県の生活保護受給者らに提供される施設で、利用者の結核感染が発覚した
  • 2018年10月に60代の男性利用者が結核と診断され、その後18人の感染が判明
  • このうち70代の男性が1月に死亡しており、県は集団感染とみて調べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング