映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』シアーシャ・ローナン×マーゴット・ロビーが対立する女王に

写真拡大

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』が、2019年3月15日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国で公開される。

運命に翻弄される2人の女王の物語

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』は、歴史学者ジョン・ガイによる原作「Queen of Scots: THE TRUE LIFE OF MARY STUART」をもとにした、激動の16世紀英国を生きる2人の女王の物語。メアリーとエリザベスの往復書簡から、2人の姉妹のような連帯感を見出して生み出されたストーリーだ。

0歳でスコットランド女王、16歳でフランス王妃となったメアリー・スチュアートは、未亡人となった18歳にスコットランドへ帰国し王位に戻る。しかし当時のスコットランドは、隣国イングランドの女王エリザベス祇い龍い影響下にあった。

メアリーはイングランドの王位継承権を主張し、エリザベスの権力を脅かす。恋愛、結婚、出産を経験し、若く美しく自信にあふれたメアリーに対して複雑な想いを抱くエリザベス。2人は、お互い全く異なるタイプの性格。従姉妹でありながら恐れ合い、同時に惹かれていた。誰よりも理解し合えたはずの孤独な若き女王たちは、それぞれ陰謀渦巻く宮廷の中で運命に翻弄され戦うのだった……。

シアーシャ・ローナン×マーゴット・ロビーが2人の女王に

メアリーを演じるのは『レディ・バード』や『ブルックリン』などに出演し、今までに3度のアカデミー賞ノミネートを誇るシアーシャ・ローナン。エリザベスは『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』でアカデミー賞にノミネートされたマーゴット・ロビーが演じる。

その他、『ダンケルク』のジャック・ロウデンや、ジョー・アルウィン、ガイ・ピアースといったキャストが集結している。

アカデミー賞2部門にノミネート

監督を務めたのは、イギリス演劇界のトップ女性演出家ジョージー・ルーク。本作が長編映画監督デビュー作品となる。脚本はテレビドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」を手掛けたボー・ウィリモンだ。

また、第91回アカデミー賞では、衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞の2部門にノミネート。ヘアメイクを担当したのはケイト・ブランシェット主演『エリザベス』でアカデミー賞を獲得したジェニー・シャーコア。衣装デザインは、『エリザベス:ゴールデン・エイジ』でアカデミー賞を受賞したアレクサンドラ・バーンが担当した。

ストーリー

《メアリー・スチュアートVSエリザベスI世》――女王は私ひとりだけ。生後すぐにスコットランド女王、16歳でフランス王妃となったメアリー・スチュアートは、未亡人となった18歳にスコットランドへ帰国し王位に戻る。さらに、メアリーは隣国イングランドの王位継承権を主張、エリザベスI世の権力を脅かす。恋愛、結婚、出産を経験し、若く美しく自信にあふれたメアリーに複雑な想いを抱くエリザベス。誰よりも理解し合えたはずの孤独な若き女王たちは、従姉妹でありながら恐れ合い、それぞれ陰謀渦巻く宮廷の中で運命に翻弄され戦うのだった......。

詳細

映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
公開日:2019年3月15日(金)
出演:シアーシャ・ローナン、マーゴット・ロビー、ジャック・ロウデン、ジョー・アルウィン、デヴィッド・テナント、ガイ・ピアース、ジェンマ・チャン、マーティン・コムストン、イスマエル・クルス・コルドバ、ブレンダン・コイル、イアン・ハート、エイドリアン・レスター、エイドリアン・レスター
監督:ジョージー・ルーク
脚本:ボー・ウィリモン
製作:ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、デブラ・ヘイワード
原作:「Queen of Scots: THE TRUE LIFE OF MARY STUART」(ジョン・ガイ著)
原題:Mary, Queen of Scots
配給:ビターズ・エンド/パルコ


[写真付きで読む]映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』シアーシャ・ローナン×マーゴット・ロビーが対立する女王に

外部サイト

  • 映画『ROMA/ローマ』アルフォンソ・キュアロン最新作、アカデミー賞監督賞など3部門受賞
  • 映画『ビリーブ 未来への大逆転』フェリシティ・ジョーンズ主演、時代を変えた女性弁護士の感動実話
  • 「イタリア映画祭2019」東京・有楽町で開催、日本未公開作含む19作品を上映