【今週デビューの注目馬】

☆ロードラウレア

 2019年3月9日(土)阪神第5Rダート1800m戦に出走予定のロードラウレア。馬名の由来は「冠名+幸福(ハワイ語)」。牡、黒鹿毛、2016年3月21日生。栗東・角居勝彦厩舎。父ロードカナロア、母キャトルフィーユ、母父ディープインパクト。生産は新ひだか町・ケイアイファーム、馬主はロードホースクラブ。愛馬会法人・ロードサラブレッドオーナーズの募集馬で総額4,860万円。母は14年クイーンS(GIII)の勝ち馬。伯母には11年、12年中山牝馬S(GIII)を連覇したレディアルバローザ(父キングカメハメハ)がおり、叔母には16年フラワーC(GIII)を制したエンジェルフェイス(父キングカメハメハ)がいる。本馬は日本で現在No,1、No2の種付け料を誇る母父、父を持つ良血馬。操縦性の高そうな凛とした顔立ちで良血馬らしい雰囲気があり、父から受け継いだ良質な筋肉、バランスの良い好馬体の持ち主。まだ緩さがありスッと動けてはいないものの、追い切りを重ねる毎に良化しており、緩さが解消してくればガラッと変わりそうな楽しみな一頭。血統、馬体の造りからダートよりも芝に適性があるだろう。距離はマイルから2000mあたりが良さそうだ。なお、鞍上は福永祐一騎手。

☆イルマタル

 2019年3月9日(土)阪神第5Rダート1800m戦に出走予定のイルマタル。馬名の由来は「フィンランド神話に登場する大気を司る女神」。牝、鹿毛、2016年3月15日生。栗東・渡辺薫彦厩舎。父シンボリクリスエス、母スカーレル、母父ゴールドアリュール。生産は千歳市・社台ファーム、馬主は吉田照哉氏。母はダートで4勝を挙げた活躍馬。伯父には芝、ダートで5勝を挙げたファルカタリア(父フジキセキ)がいる。血統的にはもっとボリュームが欲しい体つきだが、立ち姿はしっかりとしており四肢のバランスは非常に良い。追い切りを見ると、粘り強い走りで勝負根性がありそう。胴が長めで距離は中距離以上に適性があるだろう。なお、鞍上は酒井学騎手。

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。