編集長の渡辺です。

新R25レギュラーズの堀江さんは、SNSでよくキレています。そして、その度にニュースになっています。この前は、ムカついたタクシーの運転手をライブ配信で晒していました。

「なんでそんなにすぐキレるんだろう?」「ちょっとやりすぎでは?」

そう思った僕は、対談ゲストとして招待していただいた「ホリエモン万博」のトークショーで、堀江さん本人にそのモヤモヤをぶつけることにしました!

堀江さん:
来たな、ヘンなインタビュー専門メディア。

渡辺:
いやいや(笑)。

ちなみに、今日会場に来てる人で新R25見たことあるって人どれくらいいるんですかね?

堀江さん:
はい、新R25見たことある人?



渡辺:
あ、たくさんいる!

堀江さん:
いるでしょそりゃ。だって俺の記事すごいバズってるもん。

渡辺:
ちなみに、今日事前に何の打ち合わせもなかったですけど、何話すんですか?

堀江さん:
何か俺に聞いてみたいことないの? インタビュアーでしょ?

渡辺:
(今日はこっちがゲストのはずなんだけど…)

そんなことだろうと思って、話したいこと考えてきました。

最近僕、「堀江さんの言動がちょっと目にあまる」と思ってまして。



堀江さん:
そう?

渡辺:
SNSでいろんな人にキレてますけど、僕としてはどうなのかなと思うことも多くて。

『バカと付き合うな』って本出してるのに、堀江さんに絡んでくる人とめちゃくちゃやり合ったりするじゃないですか。

堀江さん:
放っておくと調子に乗るから、たまには言わなきゃいけないんだよ。

渡辺:
今日はそれらの言動についてどう思ってるのか、会場のみなさんにも意見を聞いてみたいと思ってます。

キレてる理由1:ファッションで批判してくるヤツがいるから

渡辺:
たとえば、ヴィーガンの人をめちゃくちゃ批判するじゃないですか。


※「ヴィーガン=ヴィーガニズム」とは、絶対菜食主義のこと。肉や魚に加え、卵、乳製品やゼラチンなども口にしない。

堀江さん:
だってさ、ヴィーガンってファッションだからね。

みんなファッションでヴィーガンになってるわけ。ほとんどそうだよ。

渡辺:
ファッション? 本気じゃないってことですか?

堀江さん:
そう。カッコイイからやってるだけ。

有名なタレントが「ヴィーガンってカッコイイよね」って言ってるから、それを支持してたりね。


※あくまで堀江さんの主張です

渡辺:
でも…そうじゃない人もいるんじゃないですか?

堀江さん:
ほとんどいないでしょ。

そもそも俺さ、野菜好きだし、食べてるからね。インスタには写真あげたくないだけで。

渡辺:
たしかに、堀江さんのインスタはあえて肉だけをアップしてブランディングしてるんですもんね。

@takapon_jpさんのInstagramの投稿

いっつもこの顔

堀江さん:
そうそう。あと、そもそも「絶対に野菜食べなきゃ」ってのも思い込みだしね。

渡辺:
そうなんですか?

堀江さん:
だって、ビタミンだってミネラルだって肉に入ってんだから。

そういうこと言ってくる人たちって、とにかく何かを制限することが好きなんだよ。「何かをガマンすればするほどいいことがある」と思ってる。

でも免疫力だって、ハッピーにしてるほうが絶対上がるからね。

渡辺:
なるほど。

堀江さん:
だからそういうファッションヴィーガンは芽を摘んで、根絶やしにしないといけないと思ってるわけ。

もう日本じゃヴィーガンのヴィの字も言わせねえぞと。


怖すぎる使命感

堀江さん:
本気で「Vegan kills」って書いたTシャツもつくろうかと思ってるよ。

渡辺:
ヒステリック…

じゃあいっそのこと、新R25でヴィーガンの人と対談してくださいよ。

堀江さん:
え? いいけど俺ボロクソに言っちゃうよ。

渡辺:
中途半端な人だと堀江さんがすぐ論破しちゃいそうだから、おばあちゃんを連れてきます。

「アンタ、肉ばっかり食べてたらダメよ!」っていうおばあちゃんを5人くらい。

ロジカルに論破できない強敵ですよ。

堀江さん:


え、ここノーリアクションなの!?

キレてる理由2:レッテルを貼るヤツが嫌いだから

渡辺:
あと、少し前に「中国人ってこういう価値感だよね」っていう内容のnoteを書いたこうみくさんって覚えてます?

彼女に対して「(こんなことを書く人は)消えてなくなったほうがいい」なんてツイートしてましたけど、あれもちょっとヒドイなと…

堀江さん:
俺、ああいう人種差別するヤツ大きっらいなんだよね。

渡辺:
そんなに差別的な内容ではなかったと思うんですけど…

堀江さん:
いや、でもレッテルを貼ってるじゃん。そういうヤツは潰さないとダメだよ。


※ちなみに、こうみくさんは堀江さんにdisられたことをネタにする鉄のハートの持ち主でした。

渡辺:
う〜ん…でも、堀江さんも同じことやってると思うんだけどなぁ…(小声)

堀江さん:
いや、やってないでしょ!



渡辺:
だってさっきも、「ヴィーガンはファッションだ」ってすごいレッテルを…

堀江さん:
いや、ヴィーガンはファッションじゃん。事実じゃん。

渡辺:
決めつけてますよそれ!

堀江さん:
いやいやいや、ホントにそうだから。俺はヴィーガンに詳しいもん。

渡辺:
「詳しいもん」って…

でも全員がファッションではないですよね?

堀江さん:
全員じゃないよ。全員じゃないとは言ってるよ?


大の大人が大観衆の前で水掛け論を展開

堀江さん:
もちろんファッションじゃないヴィーガンはいるよ。でもそういう人って表に出てこないからね。

渡辺:
あー、たしかにそれはそうかも。

キレてる理由3:イライラしてるときにキリバンを踏まれたから

渡辺:
でも、そうやって「野菜食べてます?」とかコメントしてくる人って、軽はずみで言ってるだけだと思うんですよ。

堀江さん、たまにそれに対してものすごい長文でキレるじゃないですか。徹底的に叩き潰すというか…


「クソ」の登場頻度がやばい

堀江さん:
俺はね、軽はずみに何度も言われてるわけ。みんな知らないと思うけど、俺に対する“野菜リプ”ってすごいからね。

そのたびに「イラッ」「イラッ」「イラッ」ってしてるんだけど、俺は大人だからいちいち反応しないんだよ。

渡辺:
大人…? 大人ですかね…?

堀江さん:
ただ、たまには発散しないと体に悪いからさ。

999人目まではガマンしてるんだけど、たまたま1000人目に言ってきたヤツに「バコーン!」ってなるのよ。



渡辺:
たまたま“キリ番”を踏んだだけじゃないですか。ホントかわいそう…

堀江さん:
むしろラッキーだよ。1000人に1人なんだから。

渡辺:
(とんでもないポジショントーク)

キレてる理由4:話しかけられると集中力が途切れるから



渡辺:
堀江さん、話しかけられるのも嫌いですよね。

堀江さん:
うん。とにかく俺、邪魔をされたくないのよ。

そう言うと「ちょっと話しかけられるぐらい、5秒で終わるんだからいいじゃないですか」とか反論されるんだけど、違うんだよ。

渡辺:
というと…?

堀江さん:
なんでイヤかっていうと、集中してるから。作業を止められたくないのよ。

渡辺:
なるほど。リズムが狂うと。

堀江さん:
ライブドアのとき隣の席に秘書が座ってたんだけど、そいつが俺に「今日の夜の会食の件ですけど…」っていきなり話しかけてきたわけ。

ただ、そのとき超集中して文章書いてたから、「いや話しかけんなよ」って言って。「今後全部メールでやれ」って。



渡辺:
(ひどい…)

堀江さん:
そしたら、テレビの取材が入ったときに「堀江社長の横には秘書がいるけど、一切会話せずにメールでコミュニケーションを取っている。冷たい会社だ」みたいに言われて。

渡辺:
“コミュ障社長”みたいな。

堀江さん:
そう。でも「いやいや、違うでしょ」と。

その感覚わかんないかな?

渡辺:
わかりますけど、向こうも善意でやってるわけじゃないですか。

それを差し引いて怒らないでおこう、というのはないんですか?


答えは当然…

堀江さん:
ない。

渡辺:
ですよね。

堀江さん:
逆に善意があるほうが困る。自分ではいいことしてると思ってるからさ。

渡辺:
たしかに…指摘しないと延々と繰り返すかもしれないですもんね。

キレてる理由5:世間の息苦しい風潮に一石を投じたいから

渡辺:
そして、個人的に一番ワケがわからなかったのが、新幹線で「座席倒していいですか?」って聞いてきた人にキレた件ですね。

渡辺:
「まわりに忖度してないで自分の人生を生きろ」みたいなことも言ってましたけど、これってそんな壮大な人生論に展開する話なんですか?(笑)

堀江さん:
いや俺、この件は一石を投じたかったの。

「新幹線で座席を倒すときに後ろの人に確認する習慣」って、昔からあったわけじゃないんだよ。ここ5年ぐらいの現象。

渡辺:
そうなんですか?

堀江さん:
俺はここ20年でめちゃくちゃ新幹線乗ってるけど、昔は「倒していいですか?」なんていうヤツは1人もいなかったよ。

渡辺:
なんで気にする人が増えたんですかね?

堀江さん:
だから、SNSだよ。



堀江さん:
ああいう問題っていうのは基本的に、積極的な行動をとるヤツが目立つでしょ?

「勝手に座席倒してくるヤツがいた」ってツイートしたりして。

渡辺:
そうですね。

堀江さん:
でも、俺みたいに「そんなのは個人の自由だ」と思ってる人はふだん何も言わないわけ。怒ってる人だけが書くじゃん。

そうするとみんな、「世の中にはこれで怒る人ばっかりなんだ」と思っちゃうんだよ。

だからここで俺が一石を投じないといけないなと。

渡辺:
なるほど、そういう意図が。

堀江さん:
マナーってそういう性質があって、服装だって「できるだけ人に文句を言われないようにしよう」って思ってると、どんどんフォーマルになっていくのよ。

カッチリした格好であればあるほど、文句は言われないわけだから。



渡辺:
う〜ん…たしかにその言い分はわかるんですけど、「勝手に倒してもいいんだよ」ぐらいの言い方でもよかったのでは?

堀江さん:
いや、でも実際にあれから「席倒していいですか?」って聞いてくるヤツがパタリといなくなったからね!

絶対あれは一石を投じられたと思ってる。

渡辺:
こびりついた常識を変えようと思ったら、あれぐらい極端に言わないといけないんですかね…?

堀江さん:
そう。俺みたいなヤツがいると、「え、私怒られないようにしてるのに、なんで怒られるの?」って思うでしょ?

渡辺:
思いますね(笑)。

堀江さん:
そうすることで気付かせてあげたかったんだよ。

渡辺:
なるほど…

話を聞いて、堀江さんがキレてるのにも思いや狙いがあったんだってことはわかりました。

最後に、僕ひとつ新R25でやりたい企画があるんですけど。



堀江さん:
何?

渡辺:
堀江貴文 被害者の会」ってどうですか?

僕がリーダーで、たまたまインスタでキリ番踏んじゃった人とか、さっき話したこうみくさんとか、元秘書の方とか、キレられたタクシー運転手とか探してくるんで。

その人たちと堀江さんが直接対談。

堀江さん:
ははははは(笑)。それキャスティングできたらすごいね!


被害者の方々、ご連絡お待ちしております!

自身の影響力で世の中を変えようと(も)している堀江さん。

これからは「また堀江さんが燃えてるよ」と思うだけじゃなく、「そこにどんな意図があるのか」に思いを馳せてみようかなと思います。

まぁ、半分以上はただ単にキレてるだけな気もしますけど…(笑)

3〜4月はホリエモン祭も続々開催予定!



堀江さんプロデュースの都市型フェス「ホリエモン祭」は、3〜4月も見逃せないコンテンツが目白押しです! 興味を持った方はぜひ足を運んでみてください。

3月16日(土)…ホリエモン祭 in エストニア
3月24日(日)…ホリエモングルメ祭 in 大阪
4月  2日(火)…ホリエモン祭 in 別府

ホリエモン祭(まつり)公式|オフィシャルサイト
http://fes.horiemon.com/