みずほFGが6800億円の巨額損失を計上 純利益は予想より9割減

ざっくり言うと

  • みずほフィナンシャルグループは、店舗の閉鎖など構造改革の必要費用を発表
  • 6800億円に上る巨額の損失を計上するが、次世代型の金融に変えていくという
  • 3月期の純利益は、予想よりも9割近く少ない800億円の黒字に下方修正した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング