ベトナムのカフェでノートパソコンを盗まれた!

写真拡大

ベトナムでは、カフェにパソコンなどを持ち込んで仕事や勉強をしている人がかなり多い。ベトナム在住17年の中安昭人さんもそんななかのひとりです。これまでカフェでパソコンを放置したまま席を立っても、いちども盗難にあったことがなかった中安さんが、友人に聞いたパソコン盗難話。ベトナムのカフェは安全なのでしょうか、それとも危ない?

「実は、先日カフェでノートパソコンを盗まれてしまったんですよ」

 こう切り出したのは、ホーチミン在住の日本人男性・Aさん(48歳)。カフェで仕事をしていたときにトイレに立ち、席に戻ってきたらテーブルの上に置いてあったノートパソコンが消えていたのだという。

「ベトナム在住10年目になりますが、盗難に遭ったのはこれが初めてです」

 私自身、カフェで3時間、4時間と長時間仕事をすることが多い。当然、トイレに行くこともある。その際、ノートパソコンは机の上に置きっぱなしだ。

 そういうことを、かれこれ17年ほど続けてきて、一度も盗難に遭っていないので、「ベトナムのカフェは安全だ」と信じ切っていたのである。それだけにAさんの話には驚くと同時に興味を持ち、詳しい状況を聞かせてもらうことにした。

落ち着いた雰囲気の店内でまさかの犯行

 彼が仕事をしていたのは「ザ・コーヒー・ハウス」という人気カフェチェーンのチャンナオ通り支店だ。ホーチミンシティの中心部から少し外れた2区にある。定員は50人程度で、カフェとしては中規模の部類に属するだろう。同チェーンはコーヒー1杯が2万9000ドン(約140円)〜で、これはベトナムのカフェのいちばんのボリュームゾーンだ。

「私が入店したのは平日の朝8時半頃です。1時間くらい仕事をしたところでトイレに立ちました。その時点で店内は8割くらい埋まっていたでしょうか。私と同じようにパソコン作業をしている人は少なくなく、パソコンを置いたままで席を離れることに不安は感じませんでした」(Aさん)

 ところが数分後、戻ってきたときに、パソコンが消えていたのだ。テーブルに電源アダプタは残っており、持ち去られたのは本体だけ。すぐに店内を見渡したが、ノートパソコンを抱えた不審な人影はない。

「店長さんに話をすると、彼は『それは大変!』と言うやいなや、すぐにお店を出て左のほうに走り始めたんです」(Aさん)

居直る犯人に店長と警察官の2人で対応

 後で店長のテーさん(27歳)に話を聞いたところ、その時の事情をこう説明してくれた。

「こういう仕事をしていると、徐々に、『いい人』と『そうでない人』の区別ができるようになります。Aさんのすぐ近くに座っていた男性客は、それまでにも何度か店に来たことがあって、あまり印象が良くなかったんです。Aさんの話を聞いて、彼の座っていた席を見ると、案の定、姿が見えません。それで『盗ったのは彼に違いない』と、即座に思いました。彼がお店を出て左のほうに行った記憶があったので、追いかけたんです」

 そのとき、偶然、店内には緑色の制服を着た公安(日本の警察に相当)職員がいて休憩をしていた。店員さんから置き引き事件のことを聞いた彼は、加勢すべく店を飛び出すと、バイクに乗って店長の後を追いかけた。

「お店から数百メートルのところで、チャンナオ通りから脇道に入っていく男性客の姿を見つけることができました。彼を呼び止めると、最初は『これは自分のパソコンだ』って言い張るんです。しかし『いや、それは別のお客さんのものだ』と詰問をすると、今度は『パソコンは返すよ。これでいいだろう』と立ち去ろうとしました。例え盗ったものを返しても犯罪は犯罪ですから見逃すわけにはいきません」(テーさん)

 そうこうするうちにバイクに乗った警察官も到着した。そこで男も観念したようだ。

 事件発生から10分くらい経った頃だろうか、お店の前で待つAさんのもとに、3人乗りをしたバイクが戻ってきた。いちばん前には警察官、後ろにはAさんのパソコンを抱えた店長さん、そしてその間に挟まれて20代後半とおぼしき男性がうなだれて乗っていたのである。
 
「犯人はがっしりした体格の男でした。店長さんに比べてかなり大柄で、よくぞ、勇気を持って捕まえてくれたなと、感謝の気持ちが湧いてきました」(Aさん)

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)