公開が21年12月21日に延期 (C)2011 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

写真拡大

 ロバート・ダウニー・Jr.がシャーロック・ホームズ、ジュード・ロウがワトソンを演じる人気シリーズの最新作「シャーロック・ホームズ3(仮題)」の公開が、1年延期されることが明らかになった。

 米ワーナー・ブラザースは、「シャーロック・ホームズ」「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」に続く第3弾の全米公開を、2020年12月25日から、21年12月21日に延期したと発表した。理由は不明だが、第3弾の舞台は「シャドウ ゲーム」の10年後で、シリーズ史上初めて20世紀が描かれることになる。脚本は、Netflixドラマ「ナルコス」のクリス・ブランカトーが執筆。製作はワーナーとヴィレッジ・ロードショーが手がける。

 09年公開の「シャーロック・ホームズ」は世界累計興行収入5億2400万ドル、11年公開の「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」の世界興収は5億4540万ドルと、いずれも大ヒットを記録。前2作はガイ・リッチー監督がメガホンをとったが、第3弾の監督は決まっていない。