©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

刑事拝命以来の20年間の記憶を失い、捜査テクニックも刑事としてのノウハウもすべてが消えてしまった“ゼロ状態”の男――。沢村一樹がそんな異端のヒーローに挑む木曜ミステリー『刑事ゼロ』。

3月7日(木)放送の第9話で最終章へと突入する同作に、南果歩がメインゲストとして登場する。

©テレビ朝日

第8話の終盤、別れた妻で敏腕弁護士の奥畑記子(財前直見)に記憶喪失であることがバレ、1週間以内に職を辞するよう言い渡されてしまった時矢。刑事を続けるためには記憶を取り戻すしかないと焦るなか、タロットカードの図柄を模した殺人事件が発生する。

その手口は、時矢が記憶を失う原因を作った因縁の連続殺人犯・能見冬馬(高橋光臣)とまったく同じだった…! しかし、すでに能見は逮捕送検され、勾留中。新たな事件は模倣犯の仕業なのか!? それとも共犯がいたのか!?

時矢は謎を解くカギは失った記憶の中にあると直感するのだが、なかなか思い出すことができず苦悩する。

刑事辞職のリミットまで、あと1週間。はたして、時矢は記憶を取り戻し、連続タロット殺人の真相を暴くことができるのか?

◆事件のカギを握る犯罪心理学者を、南果歩が熱演

南は本作で、事件の行方を握る犯罪心理学者・藤林経子教授として登場する。

経子は数多の犯罪者から聞き取り調査を行ってきた精神鑑定のエキスパートで、医学と犯罪心理学の両方に通じており、地検や地裁の信頼も厚い人物という設定。手掛かりを求めて大学の研究室まで会いに行った時矢と智佳(瀧本美織)に、彼女は重要なヒントをもたらす。

沢村、瀧本の2人と対峙するシーンでは、南は白いジャケットを身にまとって登場。穏やかな微笑みを浮かべながらも静かな緊張感を身にまとう、美しき犯罪心理学者を熱演している。