「嵐の活動が休止になれば、結婚できますからね。ジャニーズ脱退まで口にした大野を擁護することになったんです」(同)

 意外なことに最期まで活動休止に異を唱えていたのが、櫻井だったようだ。

「いま考えてみれば、小川アナから三くだり半を突き付けられ結婚を急ぐ理由がなかったからです」(同)

 女性問題に加え、決定打となったのがグループ内の収入格差。ちなみに、嵐の年間売上額は推定150億円にものぼるという。

 「収入の1位はダントツで櫻井です。推定年収は1億2000万円超え。『news zero』の収入が大きい。次いでバラエティー出演が多い二宮7000万円、相葉6000万円。俳優業が中心の松本は5000万円で、大野は3000万円といったところ。さらに、嵐5人が出演するCMのギャラの分配率も櫻井が優位だったといわれている。櫻井以外のメンバーの不満はますます高まっていた」(広告代理店関係者)

 ジャニーズファンにとっては耳を覆いたくなるような話ばかりが聞こえてくるが、活動休止が決まった嵐メンバーに微妙な変化も見られるという。

 「最近はグループ結成時を思わせるほど仲がいいんです。孤立していた櫻井が距離を置かず、自ら他のメンバーに歩み寄っている。活動休止宣言が事実上の解散であることを薄々分かっているからではないでしょうか。本当に皮肉なものです」(前出・ジャニーズ事情通)
 嵐すぎ去って地固まる。