「働く女は、結局中身、オスである」広告が炎上の小学館を直撃

ざっくり言うと

  • ファッション誌の「働く女は、結局中身、オスである」という広告が炎上中だ
  • SNSでは「何周も時代遅れしたコピー」「男性にも失礼」などと批判が殺到
  • 発行元である小学館の広報担当者は、意見を真摯に受け止めると述べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング