スピードスケート世界選手権 高木美帆は4種目総合2位で2連覇逃す

ざっくり言うと

  • カナダ・カルガリーで3日に開催されたスピードスケート世界選手権の最終日
  • 総合首位に立っていた高木美帆は、最終の5000メートルで7分2秒72の8位に
  • 世界記録を更新したサブリコバに逆転され、4種目総合2位で2連覇を逃した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x