©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

秋元康氏が明日のスター・ディレクターを育成すべく企画監修を担当する番組『EXD44』。

3月3日(日)に放送される同番組では、米津玄師に続く、次にブレイクしそうなインターネット上のアーティストを大発掘する。

©テレビ朝日

◆ネット上のネクストブレイクアーティストを発掘

昨年の紅白歌合戦に出場し、いま大人気の米津玄師も、もともとは「ボカロP」というソフトでインターネット上に楽曲を発表し、そこから人気に火がついたアーティスト。今の時代はインターネットの中に光る原石が潜んでいる…!

そこで今回は、「毎日動画を見まくっている」というガチヲタの石田ディレクターが、バーチャルディレクターに扮してブレイクしそうな原石を発掘。

「AKB48や防弾少年団のブレイクをデビュー直後から予測していたのが密かな自慢」という石田ディレクターが、独自の視点で発掘したアーティストを「歌系YouTuber」「ボカロP」「VTuber」の3つのジャンルから紹介する。

石田ディレクターがどうしても知って欲しい才能あふれる17歳の現役高校生や、自虐替え歌で話題の男性アーティスト、自称「世界初のバーチャルシンガー」など、注目すべきアーティストが続々登場。ガチヲタにふさわしい熱意溢れる解説もみどころだ。

さらに交渉の末、「現在制作中」という初のオリジナルソングを初公開してくれるアーティストも! 今回紹介するなかに、米津玄師に続く大ヒットアーティストがいるかも!?