2日、小倉8R・4歳上500万下で15番リーガルリリー号(菱田裕二騎手)が第1着となり、石坂公一調教師(栗東)はJRA初勝利となった。

なお、JRA初出走・初勝利を挙げた調教師は、2018年の武幸四郎調教師(栗東)以来で、1975年以降では18人目、現役では8人目のこととなる。

石坂調教師コメント
「この勝利は、オーナーと(2月末までの管理調教師であった)中村元調教師、厩舎スタッフ、菱田騎手およびリーガルリリーのおかげですので、私にとってこの初勝利はプレゼントだと思っています。勝ててうれしいという気持ちはありますが、私の仕事はこれからだと思っています」

※JRA発表による

2019年新人騎手デビュー!初騎乗を終えて