アパレル店員って憧れるけど、実際どうなの…?109ショップ店員ひかぷぅ&もかちゃんに聞いてみた!

写真拡大 (全9枚)

数ある仕事の中でも、109でのショップ店員という仕事は華やかなように感じます。
ショップ店員って実際、どんな風に働いているのか気になりませんか?

今回はSwankissのひかぷぅちゃん、one spoのもかちゃんに、109でのショップ店員としてのお仕事のリアルを聞いてみました!

まずはリアルなタイムスケジュールをチェック!

ショップ店員さんのお仕事はシフト制。早番と遅番で回していて、今回は早番のスケジュールを教えてもらいました。

9:30〜19:00の出勤時間で、休憩が1時間30分の、実労働時間は8時間くらい。

ショップ店員のお仕事ってちょっと大変そうなイメージがあったけど、意外とホワイトかも!

いちばんのやりがいはお客さまの笑顔♡

まずはショップ店員さんの仕事のいいところを聞いてみました

ひかぷぅ「やっぱり一番のやりがいは、お客さんに喜んでもらえた時だよね!」

もか「私は接客業についてから、人見知りだった性格が直ったよ(笑)」

ひかぷぅ「メイクを揃える店舗とかもあるから、メイクスキルもあがるよね!」

もか「ヘアもみんなで出勤前にアレンジし合ったりする時もあるし、おしゃれな子のテクを盗めるのはいいところかも〜」

ひかぷぅ「あとは友達へのプレゼントとかも、自分のブランドのものを社販で買ったりします。半額くらいで買えるから、好きなブランドのお洋服をいつでも安く買えるのは嬉しいですよね」

もか「年齢の近い、しかも美意識の高い同性の同僚がたくさんできるから、気が合う友達も増えると思います!」

SNS力&セルフプロデュース力が上がる!

個人の力をつけたい人にもおすすめ♡

ひかぷぅ「あとは、ショップで働いてからSNSの知識がついたかも」

もか「109の店員だと注目されることも多いですよね」

ひかぷぅ「フォロワー数も増えたし、自分のお店のことをSNSで発信するのは楽しい!」

もか「コーデ写真が上手に撮れるようになるし、SNSを使ったブランディングって今はとっても大事だと思うから、それが勉強できるのはうれしい!」

ひかぷぅ「髪型も自由だし、おしゃれさんにはやっぱりもってこいのお仕事だよね〜」

大変なことももちろんある。最初は足が痛すぎて…

大変なところだってもちろんあるんです

もか「でも、キラキラしてるように見られるけど、楽しいことばっかりじゃないですよね」

ひかぷぅ「終わる時間が遅い遅番の時は、終電に乗って家帰るしかできないしね(笑)」

もか「あと、店員になりたての頃は足が痛くて死ぬかと思った…。家帰って靴脱いだ時の安心感が半端なかったです…」

ひかぷぅ「でもだんだん長く続けてると足の痛さは慣れてきますよ(笑)」

チームワーク力も重要!運動部さん求む

どんな子と一緒に働きたいかも聞いてみました

ひかぷぅ「向いてるのは、運動部に入ってた子だと思う。体力を使う仕事だし、打たれ強さのある子は頼りがいがあります」

もか「あとは、ブランドが好きな子かな。一緒のショップの店員でも、意見が割れる時もたくさんあるから、最後の目的が一緒ならがんばれるんです」

ひかぷぅ「気持ちを一つにできるって意味でも、チームで部活をやってた子ってやっぱりショップ店員向きだと思います!」

渋谷では109店員が優遇されること多し♡

109ならではのメリットもたくさん!

ひかぷぅ「109の店員だと無料で入れてくれるクラブとかもあります」

もか「あとは渋谷の美容室で、109店員はディスカウントしてくれるところもあったり!とっても助かってます♡」

ひかぷぅ「館内割引もあるから、109に好きなブランドが多い人にはおすすめ!!」

接客スキルは努力で伸びます♡

もちろん日々の努力も忘れません!

もか「私はアパレル接客の本を読んで、販売のことを勉強したりします。すごい参考になる!」

ひかぷぅ「接客はだんだん経験とともにスキルアップしていけますよ!話しかけるタイミングとか、洋服の勧め方は経験値でスムーズになっていきます」

もか「お客さんに話しかけるかどうかは、空気の読める子なら見抜けるはず。一人でお買い物したそうな人には話しかけないようにしたりしてます」

酸いも甘いも好きのうち♡

ショップ店員のお仕事は華やかだけど、大変なこともたくさん。でも、109の店員だからこそつくスキルや経験で、自分の自身のレベルアップを日々感じるという二人なのでした。

ちょっとショップ店員憧れる…!という人は、新生活シーズンが始まるのをきっかけに勇気を出して挑戦してみては?♡