「2018〜2019年女の子の名前ランキングベスト30」長く人気&お花の名前がランクイン

写真拡大

梅の花の可愛らしさに心が奪われる今日この頃。

なぜ親は子に「キラキラネーム」をつけるのか? 正しい名前の付け方を"お坊さん"から学んでみた

3月といえば、女の子の健やかな成長を祈る「ひなまつり」。
旧暦の3月3日頃に桃が咲くことから「桃の節句」と呼ばれているんですよね。

そんな女の子のお祝い事にちなんで、「無料 赤ちゃん名づけ」アプリと「赤ちゃん名づけ実績 No.1/無料 赤ちゃん名づけ(Web)」が「2018年〜2019年女の子の名前ランキングベスト30」を発表しました。

花や木にまつわる名前がランクイン!

まずは11位から30位まで一挙公開!


11位 優花(ゆうか)
12位 心陽(こはる)
13位 瑛巳奈(えみな)
14位 唯愛(ゆいな)
15位 紬(つむぎ)
16位 依茉 (えま)
17位 澪 (みお)
18位 桜愛 (さくら)
19位 葵(あおい)
20位 柊花 (しゅうか)
21位 花奏(かなで)
22位 凜桜(りお)
23位 向葵(ひまり)
24位 一樺(いちか)
25位 琴凛(ことり)
26位 心葉(ここは)
27位 向日葵(ひまわり)
28位 結葵(ゆうき)
29位 陽菜(はるな)
30位 結菜(ゆい)

気になるランキングベスト10

続けて「2018年〜2019年女の子の名前ランキング」ベスト10とその傾向をご紹介しましょう。

1位 恵(けい)
2位 凜(りん)
3位 麻衣(まい)
4位 美由紀(みゆき)
5位 美波(みなみ)
6位 桜咲(さくら)
7位 萌衣(めい)
8位 文子(ふみこ)
9位 凛(りん)
10位 心桜(こころ)

第1位の「恵」ちゃんは、「昭和の男女名前ランキングベスト10」の昭和63年の女の子のランキングで2位を獲得するなど長く愛されている名前。

第2位の「凜」ちゃんは、「凜としてしっかりとした女の子」「自分に自信を持って欲しい」という意味が込められているという声がありました。

3位の「麻衣」ちゃんは、乃木坂46の白石麻衣さんなど、今を時めくアイドルの名前でもありますが、恵ちゃんと同じく昭和63年のランキングにも入っており、長く親しまれている名前といえそうです。

今回のランキングには花や木にまつわる名前が多くランクインしています。

例えば「さくら」ちゃんは長く人気のある名前ですが、昭和では「桜」と一文字が多かったものの、最近は1文字足して「さくら」と読ませることが多いようです。例えば、第6位の「桜咲(さくら)」ちゃん、第18位の「桜愛(さくら)」ちゃんなど。また「桜」の漢字を使った名前も人気です。

他にも「向日葵(ひまわり)」ちゃんやジャスミンの一種「茉莉花」の「茉」を使った、第16位「依茉(えま)」ちゃんもランクイン。

第11位「優花(ゆうか)」ちゃん、第20位「柊花(しゅうか)」ちゃん、第21位「花奏(かなで)」ちゃんなど「花」の漢字を使った名前にも注目が集まっています。

今年の女の子の名前のトレンドは、可愛らしく、自然や季節を感じられる響きや漢字がトレンドのようですよ。

清らかに華やかに優しく。両親やまわりの人たちの愛情とたくさんの思いが詰まったお名前と共に健やかな成長を願って。