ドイツも「イスラム国」戦闘員から国籍剥奪か、与党党首が主張

ざっくり言うと

  • ドイツ与党の党首は「イスラム国」の戦闘員の独国籍を剥奪すべきと主張した
  • 「独国籍を喪失し、帰国もできないと知るべきだ」と強調した党首
  • 法相もおおむね同意しており、近く具体的な法整備を進めるとみられている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x