“世界一ずぶ濡れになる”フェス「エス・ツー・オー・ジャパン」千葉・県立幕張海浜公園で

写真拡大

「エス・ツー・オー・ジャパン・ソンクラーン・ミュージック・フェスティバル・2019」が、2019年7月13日(土)、14日(日)に千葉・県立幕張海浜公園のエス・ツー・オー・ジャパン特設会場にて開催される。チケットのオフィシャル2次早割り先行は、2019年3月4日(月)18:00より受付。

「エス・ツー・オー」は、2018年8月に日本に初上陸した、タイ発祥の“世界一ずぶ濡れになる音楽フェス”。タイの旧正月に街中で行われる「水かけ祭り」にちなんで行われる「エス・ツー・オー」では、ステージから巨大ホースで水がかけられ、水しぶきを浴びながらダンスミュージックを体感することができる。タイ国内はもちろん世界各国から来場者が訪れる人気のフェスだ。

2018年8月に日本で開催された際は、スペシャルゲストとして、美人姉妹ヤスミン&ジャハーンからなる「クルーウェラ(KREWELLA)」をはじめ、“EDMキング”と称されるダッシュ・ベルリン(DASH BERLIN)や、カシミア(KSHMR)」などが出演。2日間で延べ2万人の動員を果たし、好評を博した。

2回目となる今回は、会場を千葉県立幕張海浜公園に移し、開催エリアを拡大する。目の前に広がるビーチと共に、水×音楽の調和を存分に楽しめる絶好のロケーションだ。オフィシャル2次早割先行チケット受付では、2日通し券・1日券、VIP1日券、海の日バースデーチケット、コインロッカーチケットを、公式サイトにて数量限定販売する。

出演DJは、ダブステップのパイオニアであるナイフ・パーティー(Knife Party)、ヒップホップとEDMをミックスしたイエロー・クロウ(Yellow Claw)、世界的アーティストやSEKAI NO OWARI「Dragon Night」をプロデュースしたスーパーDJ、ニッキー・ロメロ(Nicky Romero)をヘッドライナーに、ベースジャッカーズ、ジェイ・ハードウェイ、ケースケ、ティー・ジェイ・オー、ヴィナイといった多彩なジャンルのDJがラインナップ。第2弾出演DJは追って発表される。

【詳細】
エス・ツー・オー・ジャパン・ソンクラーン・ミュージック・フェスティバル・2019
(S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL・2019)
開催日:2019年7月13日(土)、14日(日)
開催時間:開場 12:00、開園 14:00
会場:県立幕張海浜公園 エス・ツー・オー・ジャパン特設会場
住所:千葉県千葉市美浜区ひび野
出演:ナイフ・パーティー(7月13日出演)、イエロー・クロウ(7月13日出演)、ニッキー・ロメロ(7月14日出演)、ベースジャッカーズ、ジェイ・ハードウェイ、ケースケ、ティー・ジェイ・オー、ヴィナイ
■オフィシャル2次早割り先行チケット
受付期間:2019年3月4日(月) 18:00〜3月17日(日) 23:59
※先着、数量限定販売のため、なくなり次第受付終了。 
料金:2日通し券(早割り) 26,000円(定価 30,000円)、1日券(早割り・各日) 14,000円(定価 15,000円)、VIP 1日券(各日) 30,000円、海の日バースデーチケット 5,000円(VIPエリア入場不可)、コインロッカー予約チケット(各日) 1,000円(定価 2,000円)
※いずれもエスツーオーオリジナル防水携帯ケース付き
チケット購入URL:https://s2ojapan.com/
※ 1人各4枚まで購入可能。
※18歳以下入場不可。※VIPエリアは20歳未満入場不可。
※開場 / 開演時刻は変更になる可能性あり。
※ 入場時“ID”チェック有り。顔写真付き身分証必須。
※ 雨天決行、荒天中止。※ チケットの払い戻し不可。


[写真付きで読む]“世界一ずぶ濡れになる”フェス「エス・ツー・オー・ジャパン」千葉・県立幕張海浜公園で

外部サイト

  • 音楽フェス「EDC JAPAN 2019」千葉・ZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園で開催
  • 海がテーマのフェス「OCEAN PEOPLES’19」代々木公園で、野外ライブ&ビーチフードなど
  • 「ULTRA JAPAN 2019」が生まれ変わる!お台場の特設会場で、5年ぶりの2日間開催