第2回の米朝首脳会談は決裂し、3回目はあるのかどうか。北朝鮮の李容浩外相は「アメリカが交渉を再び提案してきても、われわれの考えは変わらない」と怒り心頭だ。

崔善姫外務次官はさらに、「金正恩委員長が今後の交渉の意欲を失われたのではないかという印象を受けた。こうした機会が再びアメリカにやって来るかは、断言が難しい」と述べた。金正恩はトランプと会う気持ちはもう萎えたということなのだ。

安倍首相は「次は私の出番だ」

司会の小倉智昭「(スネる脅すは)北朝鮮がこれまで何回もとってきた態度の繰り返しじゃないですかね」

安倍首相は「次は私自身が金委員長と向き合わなければいけないと決意しています」と語ったが、金正恩にとって、トランプをノーベル平和賞に推薦している首相に会う意欲は、さらににないのではないか。