タカタ元社員9人に課徴金773万円勧告、インサイダー取引の疑い

ざっくり言うと

  • 証券取引等監視委員会は1日、タカタの元社員9人に課徴金773万円を勧告した
  • 経営危機に陥ったタカタに関する情報を入手し、インサイダー取引をした疑い
  • 9人はいずれも管理職で、会社のメールや会議で情報を知ったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x