「アクアマン」続編の公開日が決定

写真拡大

「アクアマン」続編の公開日が、2022年12月16日になることを、ワーナー・ブラザースが発表した。大ヒットを記録したジェイソン・モモア主演の同作だが、現在、続編の監督の検討段階のようで、前作でメガホンを執ったジェームズ・ワンはプロデューサーとしてのみ名前が挙げられている。

前作でウィル・ビールと共に脚本を担当したデヴィッド・レスリー・ジョンソン=マクゴールドリックがすでに続編の脚本に取り組んでいるものの、今のところあらすじは明らかになっていない。

ワンは同シリーズでピーター・サフランと共に製作を担当することになる。

一方で、劇中でアクアマンとメラに襲い掛かった怪物トレンチに焦点を当てたスピンオフ映画の製作について、以前、ワーナーが検討していると報じられていた。ノア・ガードナーとエイデン・フィッツジェラルドがそのホラー調スピンオフ映画の脚本を執筆するほか、ワンとピーター・サフランらが製作を担当するようだ。

しかしこのスピンオフ作品には、ニコール・キッドマンやアンバー・ハード、ウィレム・デフォー、パトリック・ウィルソンら本編のキャストは出演しないとみられている。