君しか無理ですッ♡男を“本気で虜”にする「デート中の仕草」とは

写真拡大

初めてのデートは、とても緊張しますよね。
お付き合い前でも後でも、もっと彼に好きになって欲しいと思うもの。
もし、失敗したら次のデートはないかも……と不安になっていませんか?

そこで今回は、男を本気で虜にする「デート中の仕草」を、紹介していきます。

(1)待ち合わせで嬉しそうにする


『男だって不安だから嬉しそうにしてくれると、それだけで緊張が解ける』(27歳/IT)

待ち合わせで彼を待っている時間、とても緊張しますよね。
だからといって、彼と会った時に緊張を隠そうと無表情ではダメ!
彼との最初のコンタクトは、必ず笑顔で接しましょう。

やはり、デートを楽しみにしていた、会えることが嬉しいという仕草が必要です。
緊張で不安ならばそのままの表情でも良いので、彼を見つけたら笑顔をするようにしましょう。
大袈裟にする必要はありません。

そして、笑顔のまま彼を褒めるようにして下さい。
服装でも髪型でも小さなことで良いので、一つだけでも褒めます。
そうすることで、第一印象をグっと高めますよ。

(2)目を見て話す


『目が合うとドキドキするし、好きって伝わる気がするかな』(28歳/公務員)

緊張すると、どうしても彼の目を見て話すことが難しくなります。
しかし、デート中に目線が合わないのは寂しいもの。
目を合わせることは、彼をドキドキさせるためにも必要です。

対面で座り食事をする時は、比較的合せやすいと思います。
もう一歩踏み込んで、並んで歩いている時も、彼の目を見るように意識してみましょう。

もちろんずっと目を合わせる必要はありません。
彼だって初めてのデートは緊張しているはずなので、ちょっとだけ意識して目を合わせるだけでドキドキしますよ。

(3)楽しそうにする


『デートを楽しんでくれてるって思うと安心する』(26歳/アパレル)

そして一番大事なことは、楽しそうにすること。
デートで女性が楽しんでくれているかは、男性にとってとても気掛りなこと。
どんなに楽しいと思っていても、態度や言葉に表さなければ意味がありません。

無表情や不安な顔のままでは、楽しんでもらえてないと自信を失います。
楽しいことを伝える、態度で表すことが大事。

例えば、ずっと笑顔でいる、美味しそうに食事する、言葉で「楽しい」や「美味しい」と伝えるなど。
女性が楽しそうにしていると、デート後も楽しかった印象として残りやすいです。
テクニックばかりを考えず、まずはデートを楽しむことが大事ですよ。

(4)別れ際は寂しそうに


『帰り際に寂しそうにされると、またすぐ会いたくなる』(33歳/企画)

別れ際の印象は、別れた後もずっと残るのでとても大事。
普通にバイバイするなんて勿体ない上に、楽しくなかったのかもと不安を残すだけ。
別れ際は、寂しそうにするようにしましょう。

帰る時間になったら、少し黙り込むなど名残惜しい表情をすること。
また、「○○くんと一緒だとすぐ時間がたっちゃう」や「もう少し一緒にいたかったな」など言葉で伝えても良いですね。

そして、寂しそうにしてもグタグタとしないで、最後は笑顔で別れましょう。
寂しいことを上手く伝えられなかった場合は、LINEで名残惜しかったことをお礼と共に伝えればOKですよ。

----------

初デートで気持ちに余裕がある人は、テクニックを駆使してもOKです。
しかし、余裕がない場合は、これだけ意識すれば大丈夫!
まずは、彼とのデートを楽しむことが大切ですよ。

(恋愛jp編集部)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。