中村は自分次第と前置きした上で、クラブと部活の環境の違いについて言及した【写真:JUBILO IWATA】

写真拡大

【単独インタビュー】ジュニアユースで育ち、高校サッカーで輝いた名手の答えは…

 近年、サッカー界において、議論される一つのテーマがある。Jクラブの育成組織と高校サッカーの部活動はどっちが育つのか――。日本サッカーの育成において重要とされる疑問について、J1磐田の元日本代表MF中村俊輔が「THE ANSWER」の単独インタビューに応じ、持論を語った。果たして、日本を代表する名手の考えとは――。

 ◇ ◇ ◇
 
 選手を育てるために、Jクラブの育成組織と高校サッカーの部活動はどちらがより適した環境なのか。日本サッカーにおける積年の疑問に対する中村俊輔の回答は、至ってシンプルなものだった。

「環境は関係ない。その人、その選手次第」

 中村自身、横浜マリノス(現横浜F・マリノス)のジュニアユースを経て、高校サッカーで輝いた。「結局は自分が何を考えて行動するか」と前置きしたうえで、クラブと部活動の性質の違いについて見解を示してくれた。

「自分の中学時代と高校時代を一概に比べることはできないけど、サッカーの環境や知識に関してはクラブのほうが整っていたと思う。中学生の自分に対してコーチはサッカーを教えるプロで、立派な人工芝でレベルの高いトレーニングができた。

 部活動は土のグラウンドの整備やボールなど用具の準備から始まる。指導者も監督やコーチである以前に『先生』だった。自分の場合、佐熊監督でも佐熊コーチでもなく『佐熊先生』。高校生にとって先生は怖い存在がほとんど(苦笑)。自分は佐熊先生に具体的な指示や指摘を受けた記憶はあまりないけど、昔の生徒は先生が怖いから毎日を頑張る。それによって心身ともに鍛えられる部分はあったと思う」

 学校が終わり、決められた時間と場所でサッカー教育を受けるのがクラブ。専門的な知識を手に入れることができるというメリットはたしかに存在するだろう。対して部活動は学校生活の一部に過ぎない。授業をはじめとしたサッカー以外の時間のほうが長い。部活の顧問は先生であると同時に、親のような存在かもしれない。人格形成により大きな影響を与える環境になるのは自然な流れだろう。

中村が見る、クラブと部活の指導方針の違い

 ここで指導者というファクターが注目される。常にサッカーを俯瞰している中村は、現役のトッププロでありながら指導者としての目線も強く意識している。ではクラブと部活で指導方針にどんな違いがあるのか。

「クラブはサッカーの技術論や方法論を教えてくれる。高校の部活はどちらかというと精神論や人生論を学べる。クラブの選手はサッカーをやるために集まっている集団なので、技術が優れていれば許されるところもあった。私生活を口うるさく言われることはなかった時代だった。

 部活はどんなに優秀な選手でも1時限目の授業に遅刻すれば叱られるし、学校生活に問題があれば顧問以外の先生にも指摘される。スポーツ推薦で入学した選手も生徒の一人なので、規律を乱す行為は絶対にダメ」

 では、中村自身はどんな経験を経て、今があるのだろうか。

 15歳の中村が横浜マリノスのジュニアユースからユースに昇格できなかった話は、サッカー関係者ならば常識であり、サッカーファンの間でも有名な話だろう。後に輝かしい実績を残す日本サッカー界の至宝が、人生で初めて経験する挫折だった。

 当時を回想する様子は、まるで現在の自分にも言い聞かせているようにも見えた。

「中学1〜2年生の頃は技術で圧倒できたし、それを見た監督やコーチが褒めてくれた。でも中学3年生になって試合に出られなくなった自分は、どんどんふて腐れていった。チームが全日本クラブジュニアユース大会で優勝した時も、喜ぶどころか苛立ちばかりが先行していた。いま考えると自分は甘かったし、幼かったと思う。成長するための課題を探すのではなく、目の前の現実から逃げていただけ。中学卒業間近のタイミングでそれに気づくことができた」

 やがて進路選択の時期がやってくる。中村少年はいくつかの選択肢の中から桐光学園に進学することを決断する。同じような境遇でジュニアユースから桐光学園に進学した先輩に情報収集し、自ら考えて決めた。

 輝きを取り戻すためにリスタートを切った。

部活動で経験した“明確な上下関係”で気づいたこと

 しかし現実は甘くない。クラブユースと一線を画する部活動には明確な上下関係が存在する。高校1年生は全体練習に混ざるどころかグラウンドの隅でボール拾いをするのが仕事だった。昼休みには汚れたボールを磨き、雨が降った日はスポンジを使ってグラウンドに溜まった水を吸い取る。試合出場はおろか練習すらできない、完全なる下積み時代を過ごしたというわけだ。

「マリノスのジュニアユースは人工芝のグラウンドで練習していたし、綺麗なボールに空気がしっかり入っていた。みんながサッカーをやるために集まっていたから、先輩・後輩という意識はあっても、必要以上に上下関係はなかった。だから高校サッカーの世界に足を踏み入れてみてカルチャーショックを受けた部分はある。でも中学時代に一度犯した過ちを繰り返さないようにという思いが強かった」

 また考えた。ボールを蹴るためにはどうするか。いつならば練習できるのか。サッカーが上手くなるためには、どうしたらいいのか。

 出した結論が「朝練」だった。

 当時のサッカー部には朝練がなく、放課後の練習のみだった。そこで中村はグラウンドを自由に使える授業前の時間に目をつけた。

 眠い目をこすりながらも朝6時台の電車に乗り、広いグラウンドで思う存分ボールを蹴った。当時、朝練を行っていた部員は中村を含めて3〜4名ほど。顧問の先生もコーチもいないが、それは大きな問題ではなかった。自分自身と向き合い、1時間足らずの練習時間に没頭した。

「誰かが褒めてくれるわけではない。1年生の自分が練習するには朝練しかなかったということ。全体練習後も自主練習はできたけど、遅い時間になると照明を落とされてしまうから。朝なら自分が早く登校したぶんだけボールに長く触れられる。高校2年生の先輩とひたすら1対1の練習をしていた」

 仮に、朝練が禁止されていたら? こんな質問にもまったく意を介さない。

「また考えただろうね。何か方法はあるはずだから。そこで諦めてしまうのは簡単だし、ふて腐れても意味がない。環境は大事だけど、一番大事なのは選手本人だから」

40歳の今なお生きる習慣…“気づいて、考えて、行動する”

 その頃の習慣は、40歳になった今にも大きな影響を与えている。

 全体練習が終わると、いち早くボールを持ってゴール前へ向かう。後輩選手とともに順番でシュートを放ち、ボールフィーリングを確かめる。代名詞となっているFKにも時間を割く。チーム練習では確認し切れない感覚を養うために、居残りでの自主練習に目を輝かせる。

「誰かから与えられたメニューだけをやるのではなく、何が足りないのかを自分で考えて練習している。それは中学3年生での失敗を経て、高校1年生になった時に実践した“考える”という能力だと思うし、プロになって20年以上経っても変わらない。自分が指導者になっても自主練習の時間を作りたいと思う」

 気づいて、考えて、行動する。こうして中村俊輔の原点ともいえる礎が築かれていった。そして、話は日本サッカーを取り巻く環境と状況の変化について展開されていく。

 自身が過ごした中学・高校時代から20年以上の月日が流れた。その間に日本代表はワールドカップに6度出場し、欧州のトップリーグで活躍する日本人選手が普通にいる。高校卒業後にJリーグではなく海を渡ってプロになるケースすらある。

「自分の頃の時代と違い、今は指導者ライセンスの制度が整っている。だからクラブと部活で指導者のレベルはほとんど変わらない。ただ、日本サッカー界にはさまざまな変化が起きた。プロになることが目的ではなく、その先のワールドカップや欧州トップリーグという目標を立てられる時代になった。選手の目線が高くなったことは、指導者にも大きな影響を与えているはず」

 クラブ育ちも部活動育ちも、そして指導者も、視線はより高みへ。そんな時代になりつつある。

 もちろん最後は選手次第。足りないものに気づくことも大切な能力のひとつなのだから。桐光学園への進学を振り返り「後悔は一切ないし、自分が学ぶことや気づくことがたくさんあった」と頷く。

 中村なりの答えはある。しかし、万人にとっての正解はない。

(インタビュー第2回は「今さら聞けない、中村俊輔の“FKの上達法”」)

<「中村俊輔式 サッカー観戦術」発売>

「ユースと高校サッカー」について、持論を語ってくれた中村がこのほど、1冊の本を刊行した。

「サッカーは、ゴール以外“も”おもしろい」 ――。

 1997年から20年以上、日本のみならず世界で活躍し、今年も現役を貫く名手が、より楽しめるサッカー観戦術を徹底解説。サッカーファンにはより深い玄人観戦のヒントを、そして「ゴールシーン にしか興味ない」というサッカー初心者には、ゴール以外にも試合を楽しめるヒントを現役トッププロが丁寧に教える。

 さらに巻末には、中村の「記憶に残る5ゲーム」を振り返り解説。「40歳になった今も現役でプレーしているから企業秘密にしたいこともあるけれど、できるだけ隠さず話すので、参考にしてサッカーをさらに楽しんでもらえたらうれしい」という中村の思いが詰まったサッカーファンにとってはたまらない1冊だ。(藤井雅彦 / Masahiko Fujii)