22日、新京報によると、中国である女が高速鉄道車両の窓を壊し拘留処分が科された。中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は高速鉄道。

写真拡大

2019年2月22日、新京報によると、中国である女が高速鉄道車両の窓を壊し拘留処分が科された。

19日未明、北京発青島行きのD335高速鉄道車内で、1組のカップルがケンカとなり別れ話になった。すると、女が怒りだし、鬱憤(うっぷん)を発散させるため、緊急用のハンマーを使って窓ガラスをたたき割ったという。その後、この女は5日間の拘留処分ご科された。

記事が掲載した動画を見ると、窓ガラスはクモの巣状にひびが入った状態で、ハンマーで打ち付けられたような5カ所の傷も確認できる。女性は弁償する意思を示しているという。

これに対し、中国のネットユーザーからは「こんなに幼稚な人は恋愛をしない方がいい」「お姫様病かな?」「(窓ではなく)彼氏の方をたたくべきじゃないのか?高速列車のどこが悪かったんだ?」「何億もする高速列車を破壊しようだなんて、よっぽど金持ちなんだな」などのコメントが寄せられた。

また、「罰金は絶対に必要」「処分が軽すぎる。もっと厳しく罰しないとだめだ」と厳罰を望む声や、「これは別れるべきだな。この女は家庭内暴力(DV)の傾向がある」という声も。さらには、「っていうか、窓ガラスがちゃんと割れていないじゃないか。これで緊急用ハンマーは役に立つのか?」という指摘もあった。(翻訳・編集/山中)