24日、中山競馬場で行われた6R・3歳500万下(牝・芝1800m)で2番人気、C.ルメール騎乗、ウィクトーリア(牝3・美浦・小島茂之)が快勝した。2馬身差の2着にペレ(牝3・美浦・奥村武)、3着にエトワール(牝3・美浦・牧光二)が入った。勝ちタイムは1:47.9(良)。

1番人気でM.デムーロ騎乗、エアジーン(牝3・美浦・堀宣行)は、4着敗退。

【中山5R】たけし命名のキタノインパクトが初勝利!

母は2008年秋華賞馬のブラックエンブレム

母にブラックエンブレムの血を持つウィクトーリアが逃げ切りで2勝目を飾った。スタートからルメール騎手が先手を主張し、マイペースでレースを進めると上がり34.6でまとめて2馬身差のゴール。レース全体をスローに落として後続に一切仕事をさせたなかった。

ウィクトーリア 4戦2勝
(牝3・美浦・小島茂之)
父:ヴィクトワールピサ
母:ブラックエンブレム
母父:ウォーエンブレム
馬主:シルクレーシング
生産者:ノーザンファーム