日曜中山4R新馬はアッシャムスが1番人気にこたえる

写真拡大

24日、中山競馬場で行われた4R3歳新馬(ダ1200メートル)は、エンパイアメーカー産駒の1番人気・アッシャムス(牝3、武井)が制した。

互角のスタートから、サッと2番手を確保。そのまま手応えよく直線に向かうと、ラスト1F標手前で先頭に立ち、危なげなく押し切ってみせた(勝ち時計1分14秒6)。

ブロンデル騎手 23日中山7RでJRA初勝利!

三浦「着差以上の内容」

騎乗した三浦は「調教では気が良すぎるくらいで、その点に気をつけていたのですが、実際には折り合いすぎて、気が抜けたような感じでしたね(苦笑)。それだけに今回は時計、着差以上の内容だったと思います。まだ段階を踏んでいる段階ですが、そういう中でも勝てたのは大きかったですね」と振り返った。