2019年クラシック候補たち
第4回:ニシノデイジー

 競走馬のオーナーにとって、自ら生産・所有した馬たちが血をつなぎ、やがてそこから活躍馬が出ることは、このうえない喜びのひとつだろう。

 今春の3歳クラシックにおいて、そんなストーリーを持った有力馬がいる。高木登厩舎(美浦トレセン/茨城県)に所属するニシノデイジー(牡3歳/父ハービンジャー)である。

 同馬の馬主である西山茂行氏は、「ニシノ」や「セイウン」の冠名で知られるオーナー。父の西山正行氏が馬主や生産牧場の事業をスタートし、数々の名馬を持つ一大勢力を築いた。茂行氏はそれを受け継いで、今なお日本の競馬界で輝かしい活躍を見せている。

 そんな親子2代のオーナーにとって、ニシノデイジーはまさに”歴史の結晶”と言える。

 同馬の3代母ニシノフラワーは、1992年のGI桜花賞(阪神・芝1600m)、同年のGIスプリンターズS(中山・芝1200m)を制した名牝。同じく3代父のセイウンスカイは、1998年のGI皐月賞(中山・芝2000m)とGI菊花賞(京都・芝3000m)を勝った二冠馬である。

 どちらも、ともに西山牧場の生産馬であり、西山オーナーが所有していた馬だ。そして、そのニシノフラワーとセイウンスカイをかけ合わせて生まれたのがニシノミライ。さらに、そこからニシノヒナギクという牝馬が生まれ、そのニシノヒナギクがニシノデイジーを生んだのである。

 ニシノデイジーは、デビュー戦こそ2着に敗れたものの、続く未勝利戦をきっちり勝ち上がると、GIII札幌2歳S(2018年9月1日/札幌・芝1800m)を勝利。3コーナーから一気にまくっていって、息の長い末脚を駆使して熾烈な叩き合いを制した。

 さらに、続くGIII東京スポーツ杯2歳S(2018年11月17日/東京・芝1800m)では、直線で鋭い伸び脚を披露。ここでも最後は壮絶な競り合いとなったが、前走とは違う切れ味を繰り出し、ハナ差抜け出して重賞連勝を飾った。


今春のクラシック制覇を狙うニシノデイジー

 前走のGIホープフルS(2018年12月28日/中山・芝2000m)では、最内のスタートから、直線半ばまで進路が開かない状況にあった。それでも、ゴール前ではしっかり脚を伸ばして3着に入線。重賞2勝馬の力を示した。

 直線のロスを考えると、先手を許した面々との勝負付けはまだ済んでいない。そういう意味で、この春のクラシックにおける有力候補であることに変わりはない。

 何より、ここまでのレースぶりから、陣営は確かな手応えをつかんでいるようだ。それを受けて、関東競馬専門紙のトラックマンがこう語る。

「ニシノデイジーに対する陣営の評価は高いです。実際、札幌2歳Sではロングスパートを決め、東スポ杯2歳Sでは瞬発力を見せるなど、引き出しの多さには目を見張るものがあります。前走は明らかに実力を出し切れておらず、悲観する必要はありません。世代上位であることは間違いないでしょう」

 これまでの全レースでコンビを組んでいる勝浦正樹騎手は、普段から同馬に付きっ切りで調教にも乗っているとのこと。次走のGII弥生賞(3月3日/中山・芝2000m)でも手綱をとることが決まっており、前走のリベンジに燃えているようだ。

 また、馬自身はまだまだ成長著しく、春にはさらなるパワーアップが見込めるという。先述のトラックマンがその様子を伝える。

「札幌2歳SからホープフルSの間に、馬体重が16kgも増えています。先日の追い切りでも、陣営から『馬体重こそ変わらないものの、ここに来て馬が逞しくなった』との声が聞かれました。

 そもそも牧場時代を振り返っても、当歳時は見栄えのしないタイプだったのが、1歳、2歳と年齢を重ねるにつれてグングン成長したようです。その成長曲線を考えると、クラシックではもう一段階上のパフォーマンスを見せられるかもしれません」 親子2代にわたる西山オーナーにとって、ゆかり深いニシノデイジー。偉大なる曽祖父と曾祖母と同じくクラシックで戴冠を果たせるのか、注目である。