chu2190222.jpg

写真拡大

<中国で、金目当てのライブストリーミングによる死者が相次いだ>

大量のアルコールや食用油などを飲む姿を、毎日3カ月にわたってライブ配信していた中国人の男性が、死亡した。

「チュウ」と名乗る29歳のこの男性が最後にライブ配信をしたのは2018年12月31日。遼東半島の港湾都市、大連のスーパーでアルコールを飲んでいる動画だった。「聊聊(Liaoliao)」というストリーミングアプリを使って自分の姿を撮影し、アプリ内のバーチャルルームで生配信していたようだ。


生前のチュウ。食用油をがぶ飲みするところをネットに配信している Weibo/The Drinks Business


上海のローカルサイト「Thepaper.cn」は2月19日、チュウはこの日、スーパーで動画を撮影・配信した後、タクシーで家に帰る途中に具合が悪くなったと、友人の話として伝えている。タクシー運転手がすぐに通報し、駆けつけた警察が近くの病院に搬送したが、死亡が確認されたという。

正確な死因はわかっていないが、匿名の友人は次のように話す。「彼が死んだのは、その日に飲んだ酒のせいではなく、3カ月間も続けて酒を飲んだせいだ。彼はビールなどを飲み続け、1日も休まなかった」

中国では、たくさんクリックを稼ぐとサイトから報酬がもらえる場合がある。チュウが酒や食用油を飲み続けたのは、多くのクリックと報酬を稼ぐためだったと友人は言う。だがチュウが手にした報酬はたった74ドルだった。

止めるな、とけしかける周囲

「ある動画では、彼は座り込んで、これ以上はもう無理だとほかの人に話していた。彼はけいれんを起こしていたのに、ほかの人はそれでも飲み続けるようにけしかけた」と友人は言う。

チュウの動画がライブ配信されていたチャットルームの管理者ワンは、彼が亡くなった「責任の一端」は自分にもあると述べた。だがいちばんの責任者は聊聊のアプリのはずだと述べた。

チュウが死んだことがわかると、アプリはライブ配信を中止。過去の動画へのアクセスはすべて遮断された。

アプリには、次のようなメッセージが表示された。「中国政府が進める『インターネット浄化作戦2019』の取り組みにしたがい、我々も自己点検をした。当分は、すべての動画の閲覧を中止する」と、同アプリは発表した。

同様の事件は他にも起きている。2月はじめ、ネットで動画を配信していた浙江省紹興市のリーという男性が、ファンを驚かせようと橋から川に飛び降りて死亡した。香港英字紙サウスチャイナ・ モーニングポストによると、リーの夢はネット動画で有名になることだったという。

事故当時に動画を撮影していたファンは言う。「彼は、ネットで人気が出たら仕事を辞めて、動画配信に集中したいと言っていた。飛び込んだ川が浅過ぎた。川底は石だらけで、とても硬かった」

(翻訳:ガリレオ)

-->-->-->-->

※2019年2月26日号(2月19日発売)は「沖縄ラプソディ/Okinawan Rhapsody」-->-->特集。基地をめぐる県民投票を前に、この島に生きる人たちの息遣いとささやきに耳をすませる――。ノンフィクションライターの石戸諭氏が15ページの長編ルポを寄稿。沖縄で聴こえてきたのは、自由で多層な狂詩曲だった。

バイシュナビ・バイディアナタン