田畑毅衆院議員(46)がきのう21日(2019年2月)付で自民党を離党したが、原因は言われていたような女性とのスキャンダルではなく、刑事告訴されていて、「離党だけで済むのか」という声が出ている。

週刊新潮(2月28日号)によると、20代の女性は田辺議員と昨年(2018年)のクリスマスイブに酒を飲み、自宅マンションへ行き、眠ったところを乱暴され、裸の動画を撮られたという。

女性が気づいて、スマホを取り上げて画像ホルダーを見ると、200以上もの盗撮画像が入っており、女性に乱暴した時の動画、別の女性との行為もあった。女性はトイレに駆け込み、鍵をかけて警察に助けを求めたという。

被害者女性「示談に応じるつもりはない。議員を辞めて欲しい」

女性は田畑議員を刑事告訴し、自民党愛知県連も党本部に議員辞職を求める上申書を提出した。ところが、田畑氏が所属している二階派の総会では、代表の二階俊博・自民党幹事長は「責任者として申し訳なく思っております」とのべたが、伊吹文明・元衆院議長は「問題にならないようにやらないとな。同じやるにしても」と笑いを誘っていた。後で「田畑議員のことではない」と弁解したが、これはまた物議を醸しそうだ。

被害者の女性は、JNNの取材に、田畑議員側から1300万円で示談を持ちかけられた事を明かし、「お金の問題ではない。許せない。示談に応じるつもりはない。早く出てきて、説明して欲しい。議員も辞めて欲しい」と語っている。

司会の国分太一「田畑議員がコメントしないと終わらないですよね」

ニュース雑学おじさんの堀尾正明キャスター「国会議員周辺で、盗撮だとか裸の動画だとか、信じられないですよね。2か月後には統一地方選、5か月後には参院選ですからね」

国分「影響は避けられないでしょうね」

田畑議員は日銀出身で、2012年初当選のいわゆる「魔の3回生」だ。「ハゲ〜」の豊田真由子、不倫の宮崎謙介、重婚の中川俊直など、とにかく、お粗末すぎる安倍チルドレンたちである。