©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

松岡昌宏扮する女装した家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ『家政夫のミタゾノ』。

この4月、“パート3”となって帰ってくる同作だが、このほど“三田園さん”こと松岡昌宏がクランクインした。

◆砂漠の三田園さん、おなじみの姿でポツンとクランクイン

©テレビ朝日

パート3の冒頭、三田園はとあるアラブの国に…。なぜか石油を採掘する一族に仕えているという設定から、ドラマは1年ぶりに幕を開ける。

吹き荒ぶ中東の風、舞い上がる砂埃、照りつける灼熱の太陽――そして見渡す限り砂漠の地。すべてが異国情緒溢れる雰囲気のなか、おなじみのスタイルに身を包んだ三田園が力強く大地を踏みしめながら登場する。

パート3のスタートにふさわしく、華々しい登場となった三田園。ただ歩いているだけかと思いきや、この後、三田園のまさかの能力が明らかになる…!

今期もびっくりの連続となること間違いなしの『家政夫のミタゾノ』。三田園は、「ご無沙汰しております。家政夫の三田園でございます。またまたこうして皆様とお会いする機会をいただけたこと、心から痛み入ります」とコメントしている。

今回は、いったいどんな依頼人が現れ、三田園はどんな“テクニック”を披露するのか? ドラマのスタートまで待ちきれない。