©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

番組に届いた視聴者からの「耳に入れたい話」を肴に、マツコ・デラックスと有吉弘行が独自の視点で話していくトークバラエティー『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)。

2月20日(水)の放送では、ネット上にたくさん存在する日本や海外の“絶景写真”に関する投稿が寄せられる。

©テレビ朝日

「いつかは現地へ」と思う半面、天候条件などのことを考えると「写真でもいいのではないか」と思ってしまうという意見が寄せられる。

マツコと有吉は「そんな悲しいこと言わないでよー!」と苦笑い。「現地に行かなくてはわからない空気や匂い、感動もあるんじゃないの?」と意見を述べる。

さらに、ふたりはスタジオで絶景写真を見ながら、世界各国の「行ってみたい絶景」に思いを馳せる。マツコと有吉が行ってみたい絶景、そしてこれまでに行ってよかったと思う絶景とは!?

◆マツコ「“指示待ち人間”が得をすることは絶対にない!」

また、19歳のアルバイトから「何かを勝手にやって迷惑をかけるのと、言われたことを淡々とこなす“指示待ち人間”のどちらがいいですか」という投稿についても議論する。

この意見に対してマツコは、「“指示待ち人間”が得をすることは絶対にない!」と持論を展開。投稿者に向けた言葉のなかで、マツコと有吉のシビアな仕事への考え方が明らかになる。

マツコ&有吉が番組で明かす“指示待ち人間でいてはダメな理由”、そしてマツコが解説する“2種類の指示待ち人間”とは…?!