オンラインゲーム人口はいまや4900万人、日本人の3人に1人が楽しんでいるという。世界では24億人。顔も知らない同士が一つのゲームをはさみ、対戦したり、助け合ったり、会話を交わしたり、そして中には本当に出会って、深い関係にもなる......イマドキの出会いを「ビビット」が追った。

リポーターの上路雪江が、ネットジャーナリストの三上洋さんと秋葉原のゲームセンターを訪れた。オンラインゲームとは、ネットを通じて複数の人が参加するゲームの総称だ。パソコンだけではなく、スマホやTVゲーム機でもできるし、「eスポーツ」という賞金をかけた分野にまで発展している。

ゲームをしながらおしゃべりでき、性格もわかる

上路が席に座ってレシーバーをつけたら、「あ、誰かの声が聞こえた」。「よろしくお願いします」という男性の声。「サムさん」というハンドルネームの人だった。「お仕事は?」「今日は休みで」「何歳?」「41歳です」と、ゲームをしながらおしゃべりできる。時に信頼関係ができるのが最大の特徴だ。

終わって上路、「なんとなく感じがわかりますね。サムさんは優しいイメージだった」。「カップルもできやすい」と三上さん。「3〜4時間、同じ目的でチャレンジしているから」

実際に顔をあわせるのを「オフ会」と呼ぶが、グループもあれば、1対1もある。「初対面でもゲームの話から入れるから、やりやすい」のだそうだ。そこから恋愛、結婚と進むこともある。

今日初めて顔を合わせるカップルに密着した。美容師の吉川孝さん(27)。相手の女性は顔も知らない、本名も知らない。ただ、ゲームの進め方である程度性格はわかる。「男気がある」人だという。あだ名は「ポポさん」。「6時半にハチ公前で」と約束した吉川さんの前に「ポポさん」が現れた。

マスクで顔はよくわからないが、まずまず普通の人だ。吉川さんはホッとしたらしい。「これからハンバーグを食べに行きます。ゲームの話です」。これがイマドキの出会いだ。

「認知症の予防」と高齢者に勧めるデイサービス

千原ジュニア(タレント)「楽しいやろなぁ」

司会の国分太一「親の立場としてはねぇ」

倉田真由美(漫画家)「抵抗ありますよ。大丈夫かと思う」

MCの真矢ミキ「普通は顔があって、話をして、親交が進むが、その逆ですね。顔だけ知らない」

オンラインは海外ともつながるから、英語でゲームをせざるを得ないこともある。度胸とリスニング力、キーボードを使って話もできる。

さらには「認知症の予防」にもなると。横浜市のデイサービスでは、健康ゲームをやっている。大きなスクリーンの前で、シンプルなゲームをみんなでやっていて、楽しそうだ。お年寄りが「楽しい」「会話が増える」「ゲームで、前頭葉が発達しているといわれた」という。

三上さん「ポケモンGOなんて、今40代から60代が多いんですよ」

無論ネットの危険もある。依存症で仕事や人間関係に支障をきたすものをWHO(世界保健機構)は「病気」と認定した。韓国では2011年から、午前零時から6時までゲームを遮断し、依存症を3分の1にまで減らした。

国分「新たなルール作りが必要ですね」