「トランプ大統領をノーベル平和賞の候補に」と安倍晋三首相が推薦したとトランプ氏自身が演説の中で明かした。「選考委員に送った非常に美しい手紙のコピーをもらった」「日本を代表して推薦したと(安倍首相は)言っていた。「北朝鮮によるミサイル発射がなくなり、日本人がいま安全を感じているのは私のおかげだ」というのだという。

推薦した側もされた側も50年間言ってはいけない決まり

宇賀なつみアナ「5ページにわたる手紙だったそうです」

上智大学の前嶋和弘教授は「北朝鮮政策がアジアでうまくいっていることをアピールしたかったのだろう」と受け止めた。トランプ大統領側から日本に推薦の依頼・打診があったと明かす政府関係者もいる。依頼を受けて推薦することは外交上珍しくないそうだ。

山口真由(ニューヨーク州弁護士)「それは公開されないのが前提ではないですか」

司会の羽鳥慎一「推薦した側もされた側も50年間言ってはいけない決まりだそうです」

玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「『ドラえもん』のスネ夫がオベンチャラ言ったのをジャイアンがばらしたようなもの。(安倍政権が)米国頼りなのは間違いない。米国と仲良くすれば、他の国と対立してもいいというような外交をやってきた」

羽鳥「ノーベル平和賞に推薦するぐらいしか、他にやり方がないとは、怖くないですか」

外交の駆け引きだとしても、なんとも情けない話だ。